仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)

  • 90人登録
  • 3.92評価
    • (4)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 岩波書店 (2000年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003304631

作品紹介

文政三年、浅草観音堂の前にふいに現れた少年寅吉。幼い頃山人(天狗)に連れ去られ、そのもとで生活・修行していたという。この「異界からの帰還者」に江戸の町は沸いた。知識人らの質問に応えて寅吉のもたらす異界情報を記録した本書は、江戸後期社会の多層的な異界関心の集大成である。生れ変り体験の記録『勝五郎再生記聞』を併収。

仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だまされたと思って、平田先生と一緒に寅吉くんにだまされ(?)てみよう!
    おもしろいよ!

  • 平田先生の好奇心はすごい!

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    文政三年、浅草観音堂の前にふいに現れた少年寅吉。幼い頃山人(天狗)に連れ去られ、そのもとで生活・修行していたという。この「異界からの帰還者」に江戸の町は沸いた。知識人らの質問に応えて寅吉のもたらす異界情報を記録した本書は、江戸後期社会の多層的な異界関心の集大成である。生れ変り体験の記録『勝五郎再生記聞』を併収。

  • 寅吉は篤胤宅で神のようにあがめられていたわけではなく、篤胤の門人からヤンチャな子供を相手にするようにからかわれています。
    寅吉は門人にだまされて、睾丸は光るものだと信じ込み、暗闇の中で確かめようとします。

  • 神隠しに遭い、仙人のもとで生活していた少年・寅吉が江戸に帰ってきた。国学者・平田篤胤はこの少年を自宅に住まわせ、学者仲間たちと共に異界の様子を探っていく……。めちゃめちゃファンタジックな内容なのに、どうやらノンフィクションらしいという不思議な本。寅吉のもたらす異界の情報は、神やまじないの事から異国の様子、科学的な見解までさまざまで、オモシロすぎです。天真爛漫な寅吉と篤胤やその弟子たちとのやりとり、平凡でドジっ子な寅吉の兄の実は弟想いなトコなんかも楽しいです。

全5件中 1 - 5件を表示

平田篤胤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウラジーミル ナ...
J.L. ボルヘ...
ジェイムズ・P・...
谷崎 潤一郎
ヴィクトール・E...
ミヒャエル・エン...
恩田 陸
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)はこんな本です

仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする