近時政論考 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003310816

作品紹介・あらすじ

明治中期のジャーナリストとして日刊新聞「東京電報」「日本」を舞台に盛んな言論活動を行なった陸羯南(1857‐1907)が、両紙に発表した社説をのちに単行本としたもので、「近時政論考」を本篇とし、「自由主義如何」「近時憲法考」を併せ収める。いずれも明治初期の思想史、憲法史の研究に不可欠の政論である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011年度一学期にゼミで扱ったテキスト。

全1件中 1 - 1件を表示

近時政論考 (岩波文庫)のその他の作品

近時政論考の詳細を見る 近時政論考 陸羯南

陸羯南の作品

ツイートする