茶の本 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.72
  • (98)
  • (94)
  • (176)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 1339
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003311516

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一杯の茶とともに読むと
    いろいろな過去が広がります。

    でも一杯では読み切れないでしょう。
    それに茶でなくてコーヒーを飲みながらでも
    いいかも知れません。

    この本は100%読み込めていません。
    背景となる知識が豊富にあれば、
    もっと深く分かったかもしれない。

  • この前『日日是好日』を読み、その流れで読んでみた。

    『日日是好日』は個人的な体験を通して茶の世界を垣間見たのだけど、この『茶の本』は茶の歴史、西洋文明との比較、道教や禅との関連、茶室や生花のことなど、茶道や日本文化の背景をより深く知ることができた。
    『日日是好日』を読んでいたおかげで世界観がなんとなく入ってきやすかったと思う。

    主客協力して、このおりにこの浮世の姿から無上の幸福を作り出す神聖な儀式を行う口実となった。
    真の美はただ「不完全」を心の中に完成する人によってのみ見出される。

    均斉ということは重複を表すという考え方、ちょっとわかる気がするのはやはり自分にも日本人らしい感覚が染みついているんだろうな。

  • ページ数としては薄い、文庫で75ページほど。元々は日本の茶道を欧米に紹介する目的で、ニューヨークで刊行されたもので英語で書かれたもの(The Book of Tea)。
    茶道の定義を示したうえで、日本の生活、文化の様々、すみずみまで茶道の影響が及んでいるとし、さらに日本と西洋の関係にまで言及している。
    「この人生という、愚かな苦労の波の騒がしい海の上の生活を、適当に律してゆく道を知らない人々は、外観は幸福に、安んじているようにと努めながらも、そのかいもなく絶えず悲惨な状態にいる」「美を友として世を送った人のみが麗しい往生をすることができる」というメッセージは、100年も前に書かれながら現代に書かれたと聞いても全然おかしくないように思えた。

  • 宗教にまで高められた、美意識と調和の感覚。この本で学ばねばならないほど、少なくとも僕は西洋化された環境に生きている。よほど意識的にならないと著者の説く世界観を東京でみつけるのは難しい。しかしだからこそ、茶道は生きるのかもしれない。時代に翻弄された茶人たちとおなじように。

  • 1987以前
    日本人の文化・美意識を綴ったもので、海外を対象に英文で書かれたようだが、日本人が自明としていることをも見直すことができる。

  • 茶の湯から日本人の精神が論じられる名著。日本人論の一つとして挙げられる。

  • 軽いタッチの茶を題材とした文化論。岡倉天心の芸術観が随所に現れていて面白い。

  • 茶は記憶の豊かな飲み物。時代精神の伝承による閃光のようなひらめきは、濁った内心をかきまわし、自分の全芯全心が茶を淹れるまでの単純に自然に行なう所作に吸い込まれた時に訪ねてくれるのかもしれない。
    茶人の「簡素清浄」「静寂純潔」を大事にして暮らす日々を思い浮かべながら、胸中でやわらかい生活の基本に恍惚とさせられ、茶の美味しさが分るようになりたいと想った。自分自身と内面的にしっとりと調和する概念にも惹かれた。殊に「茶室」と「芸術鑑賞」の中にある心に訴えてくる言葉の内容を摑み、幾つかを記憶に焼き付けることができた。

  • 100年前に、ここまで日本の心を堂々として他国に主張し、それを推し広めようとしている姿勢に感動した。空虚の中に実体があり、それを世界の空虚に適用するかのように書かれているように感ぜられた。

  • 若松英輔の『悲しみの秘義』の中で『茶の本』の一節が引用されており良かったのと『茶の本を読む』を読みたかったので手に取りました。“茶道の要義は「不完全なもの」を崇拝するにある。いわゆる人生というこの不可解なもののうちに、何か可能なものを成就しようとするやさしい企てであるから。”と茶道の本質を分かりやすく教えてくれます。唐、宋、明における茶の移り変わり、茶の湯と禅宗の関わり、道教徒、茶器や茶室、美術鑑賞力、花道の歴史などについて簡潔にまとめられており、一度読んだだけでは消化しきれないような良書でした。

    p28
    まあ、茶でも一口すすろうではないか。明るい午後の日は竹林にはえ、泉水はうれしげな音をたて、松籟はわが茶釜に聞こえている。はかないことを夢に見て、美しい取りとめのないことをあれやこれやと考えようではないか。

    p29
    (前略)人生はわれらの内心の表現であり、知らず知らずの行動なわれわれの内心の絶えざる発露であるから。

    p45
    禅は梵語の禅那(Dhyana)から出た名であってその意味は静慮である。精進静慮することによって、自性了解の極致に達することができると禅は主張する。静慮は悟道に入ることのできる六波羅密の一つであって、釈迦牟尼はその後年の教えにおいて、特にこの方法を力説し、六則その高弟迦葉に伝えたと禅宗徒は確言している。かれらの言い伝えによれば、禅の始祖迦葉はその奥義を阿難陀に伝え、阿難陀から順次に祖師相伝えてついに第二十八祖菩提達磨に至った。菩提達磨は六世紀の前半に北シナに渡ってシナ禅宗の第一祖となった。

    p45
    今日われらの知っているとおりの禅の教理は南方禅(南方シナに勢力があったことからそういわれる)の開山シナの第六祖慧能(六三七-七一三)が始めて説いたに違いない。

    p50
    始めて独立した茶室を建てたのは千宗易、すなわち利休という名で普通に知られている大宗匠で、彼は十六世紀太閤秀吉の愛顧をこうむり、茶の湯の儀式を定めてこれを完成の域に達せしめた。

    p61
    自然と四季を歌い、高山を歌い、流水を歌えば、その古桐の追憶はすべて呼び起こされた。再び和らかい春風はその枝の間に戯れた。峡谷をおどりながら下ってゆく若い奔流は、つぼみの花に向かって笑った。たちまち聞こえるのは夢のごとき、数知れぬ夏の虫の声、雨のばらばらと和らかに落ちる音、悲しげな郭公の声。聞け!虎うそぶいて、谷これにこたえている。秋の曲を奏すれば、物さびしき夜に、剣のごとき鋭い月は、霜のおく草葉に輝いている。冬の曲となれば、雪空に白鳥の群れ渦巻き、霰はぱらぱらと、嬉々として枝を打つ

    次に伯牙は調べを変えて恋を歌った。森は深く思慮にくれている熱烈な恋人のようにゆらいだ。空にはつんとした乙女のような冴えた美しい雲が飛んだ。しかし失望のような黒い長い影を地上にひいて過ぎて行った。さらに調べを変えて戦いを歌い、剣戟の響きや駒の蹄の音を歌った。すると、琴中に竜門の暴風雨起こり、竜は電光に乗じ、轟々たる雪崩は山々に鳴り渡った。


    p62
    傑作というものはわれわれの心琴にかなでる一種の交響楽である。(中略)わが心は画家の絵の具を塗る画布である。その色素はわれわれの感情である。その濃淡の配合は、喜びの光であり悲しみの影である。われわれは傑作によって存するごとく、傑作はわれわれによって存する。


    p63
    われわれは、手のつけようのない無知のために、この造作のない礼儀を尽くすことをいとう。こうして、眼前に広げられた饗応にもあずからないことがしばしばある。名人にはいつでもごちそうの用意があるが、われわれはただみずから味わう力がないために飢えている。


    p66
    しかしながら、美術の価値はただそれがわれわれに語る程度によるものであることを忘れてはならない。その言葉は、もしわれわれの同情が普遍的であったならば、普遍的なものであるかもしれない。が、われわれの限定せられた性質、代々相伝の本性はもちろんのこと、慣例、因襲の力は美術鑑賞力の範囲を制限するものである。われらの個性さえも、ある意味においてわれわれの理解力の制限を設けるものである。そして、われらの審美的個性は、過去の創作品の中に自己の類縁を求める。もっとも、修養によって美術鑑賞力は増大するものであって、われわれはこれまでは認められなかった多くの美の表現を味わうことができるようになるのである。が、畢竟するところ、われわれは万有の中に自分の姿を見るに過ぎないのである。すなわちわれら特有の性質がわれらの理解方式を定めるのである。


    p70
    春の東雲のふるえる薄明に、小鳥が木の間で、わけのありそうな調子でささやいている時、諸君は彼らがそのつれあいに花のことを語っているのだと感じたことはありませんか。人間について見れば、花を鑑賞することはどうも恋愛の詩 時を同じくして起こっているようである。無意識のゆえに麗しく、沈黙のために芳しい花の姿でなくて、どこに処女の心の解ける姿を想像することができよう。

    喜びにも悲しみにも、花はわれらの不断の友である。花とともに飲み、共に食らい、共に歌い、共に踊り、共に戯れる。花を飾って結婚の式をあげ、蓮の花をもって冥想に入り、ばらや菊花をつけ、戦列を作って突撃した。さらに花言葉で話そうとまで企てた。花なくてどうして生きて行かれよう。花を奪われた世界を考えてみても恐ろしい。病める人の枕べに非常な慰安をもたらし、疲れた人々の闇の世界に喜悦の光をもたらすものではないか。その済みきった淡い色は、ちょうど美しい子供をしみじみながめていると失われた希望が思い起こされるように、失われようとしている宇宙に対する信念を回復してくれる。われらが土に葬られる時、われらの墓辺を、悲しみに沈んで低徊するものは花である。


    p77
    茶の宗匠が花を満足気に生けると、彼はそれを日本間の上座にあたる床の間に置く。その効果を妨げるような物はいっさいその近くにはおかない。たとえば一幅の絵でも、その配合に何か特殊の審美的理由がなければならぬ。花はそこに王位についた皇子のようにすわっている、そして客やお弟子たちは、その室に入るやまずこれに丁寧なおじぎをしてから始めて主人に挨拶をする。


    p78
    花道の生まれたのは十五世紀で、茶の湯の起こったのと同時らしく思われる。わが国の伝説によると、始めて花を活けたのは昔の仏教徒であると言う。彼らは生物に対する限りなき心やりのあまり、暴風に散らされた花を集めて、それを水おけに入れたということである。足利義政時代の大画家であり、鑑定家である相阿弥は、初期における花道の大家の一人であったといわれている。茶人珠光もその門人であった。また絵画における狩野派のように、花道の記録に有名な池の坊の家元専能もこの人の門人であった。

全137件中 1 - 10件を表示

岡倉覚三の作品

茶の本 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×