西田幾多郎哲学論集〈3〉自覚について 他四篇 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 上田 閑照 
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003312469

作品紹介・あらすじ

3には、「絶対矛盾的自己同一」、最後の宗教論など、最晩年の6年間に書かれた論文より5篇を収録。表題作には、直観と反省の内的結合としての自覚の立場から、「私と汝」「個は個に対して個」という著者の一貫して追求した問題が究極的に提示される。このように孜々として思索を深めた西田は、敗戦間近かの1945年5月に死去。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 烏兎の庭 第五部 書評 10.22.17

    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto//uto05/bunsho/JKK.html

  • とにかく難解な西田哲学の小論文集最終巻。
    巻頭の「絶対矛盾的自己同一」はとりわけ重要で、西田哲学の核心を突くもののひとつであろう。
    相変わらず文脈を追いづらく、ある部分を理解できても、次の瞬間、予想外の方向に論旨が移っていったり、そうかと思えば、結局同じことを延々と繰り返していたり、いきなりあたらしい語彙が出現してきたり、予想の範囲内で文章が続かないので追いつけず、やがて退屈してしまうかもしれない。
    しかし西田哲学はまだよく理解できていない。
    時間があればもうちょっと詳細に検討してみたいのだが。

  • 「場所的論理と宗教的世界観」が宗教哲学として一読の価値あり。

全3件中 1 - 3件を表示

西田幾多郎の作品

西田幾多郎哲学論集〈3〉自覚について 他四篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする