社会主義神髄 (岩波文庫 青 125-2)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (97ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003312520

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて読む幸徳秋水の著作。

    表現用語が明治期らしく漢文体なので、
    非常に紐解きにくいものであったが、
    幸徳秋水のいうところの社会主義について、
    巻末にある解説と合わせて理解することができたかなと。

    幸徳秋水の社会主義は一方に偏ったものでないというのが、
    この本を読んであらためて確認できたことである。

    だからこそ、当時の明治日本政府は彼を恐れ、
    大逆事件という陰謀によって殺したんだろうなとも。

  • 内容の旧さはともかく、理想を信念と情熱とともに語る文章を読むのは新鮮だ。理想への幻滅を経てしまった現代では、こうした言葉にはなかなか出会えぬ。当時は理想に魅力があった。100年前に既に商業広告の弊害を説いているのが興味深い。驚いたのは、社会主義と「国体」は矛盾せぬと述べていることだ。万人平等の思想と天皇制が矛盾しないとは思えぬ。敢えて筆を曲げるポーズをとったのか。「国体」をどう捉えていたのか。

全2件中 1 - 2件を表示

社会主義神髄 (岩波文庫 青 125-2)のその他の作品

社会主義神髄 (NDL所蔵古書POD) オンデマンド (ペーパーバック) 社会主義神髄 (NDL所蔵古書POD) 幸徳秋水
社会主義神髄の詳細を見る 社会主義神髄 幸徳秋水

幸徳秋水の作品

ツイートする