中国史(下) (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.22
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003313343

作品紹介・あらすじ

下巻には近世史(宋-清)と最近世史(中華民国-中華人民共和国)を収める。宋では貴族が没落して庶民階級が興隆し、君主独裁制が確立した。著者は宋に発生した文化は頗る優秀なもので西洋文化にひけをとらず、東洋の近世文化は欧州の近世文化に影響を与えたと結論づける。また、歴史学は単なる事実の集積ではなく、論理の体系であるべきだと主張する。巻末には自著解説と自跋、年表、索引などを付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上下巻通読。ひとつポイントは「中国」と「異民族」との線引きが色濃いところ。けど中国史において、隋唐、元、清といった世界帝国は異民族が興したもので、両者は不可分でもある。昨今はユーラシア大陸の主役たる遊牧民族の活躍がクローズアップされつつあるが、本書は碩学による華夷思想が混じってなくもない従来の史観として、その対極かのようだった。(中国という言葉は、特定の民族や話し言葉でなく、文明とか文化の緩やかな総称として用いられている筈ではあるが、中国人という言葉が出ると、何をもってという疑問があり、時代の制約を感じる)ただし語り口は筋が通っていてわかり易く、唐太宗や清康熙ですら「たまたま良い時代だった」と過大評価しないところなどは、かえって信を置けた。歯に絹を着せないからこそ、著者の見解に興味を持てるところがある。宋の先進性を説くところなどは読みどころ。その分なのか逆にモンゴルへは辛口。交通量を文明そのものと見たり、宋元と明清は繰り返しという俯瞰、その時期の景気の良し悪しを重視するなど、古いながらもあちこちに新しい発見があり、読む価値ある本なのは確か。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九〇一(明治三十四)年、長野県飯山市に生まれる。松本高校を経て、二五(大正十四)年、京都大学文学部史学科東洋史学専攻卒業。六高教授、三高教授、京都大学文学部教授を歴任。六五(昭和四十)年、停年退官。京都大学名誉教授。文学博士。専門は中国の社会・経済・制度史。八九(平成元)年、文化功労者。九五年死去。主な著書に、『科挙』、『アジア史概説』、『雍正帝』、『東洋的近世』、『九品官人法の研究』、『隋の煬帝』、『論語の新研究』、『中国史』上下、『中国古代史論』、『遊心譜』、『史記列伝抄』など。『宮崎市定全集』(全二十四巻別巻一)がある。

「2018年 『大唐帝国 中国の中世』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中国史(下) (岩波文庫)のその他の作品

中国史 下 (岩波全書 303) 単行本 中国史 下 (岩波全書 303) 宮崎市定

宮崎市定の作品

中国史(下) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする