女工哀史 (岩波文庫 青 135-1)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (3)
  • (10)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 169
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003313510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大正後期の女工についてのルポ。募集から寄宿舎での生活、恋愛、教育程度、思考等々想像していたより女工について細かく分析している印象を受けた。

    今ではほぼありえない超ブラック企業であるが、このような数多くの女工達の苦難の上に日本が発展していったということは、現代に生きる私たちは知っておくべきことと思う。

  • 当時の労働者が如何に権利を保障されていなかったかが書かれている。当時経済を牽引していた繊維産業であったが、現在のブラック企業も真っ青な安全無視、長時間労働、借金漬けにする仕組みなどひどい人権蹂躙があった。
    とはいえ、この本を読んでいて思うことは、昔から日本の企業は労働生産性が高いわけでなく、低い賃金でシェアを上げている構造は本質的に変わっていないように思った。もちろん、今では高品質とされているが、その高品質も結局は長時間労働に基づいたものだとすると、それができない時代になると競争力は落ちるのだなと思う。
    また、作中に守れない生産目標を押し付けられて手抜きが横行する話がでてくるが、今の某鉄鋼会社の不祥事などを考えるとさもありなんだなと思う。行動経済学だと守れないルールなどを課せられると、リスキーな行動を取りがちだという話とも整合性が取れていて、状況はよく理解できたと思う。

  • 底本1923年刊行。◆現行労働基準法・労働組合法がなければどうなるか。それを雄弁に語るあまりにも著名な戦前労働者哀史である。そして現代において、現実に数多存在する労働基準法が守られない会社(当然だが、サービス残業を当然視するなら、大企業であろうとなかろうと関係がない)においてどういう実情が想定できるかという観点からも読めそうである。さらにいえば、労基法の改正が改正内容如何によって(労基法を骨抜きにする新規立法でも同様なのは勿論)、いかなる自体を招来する恐れあるか。そんな推測・想像を可能にする一書。

  • 文章は主観的だが、鐘紡、東京モスリン始めとする複数の紡績工場の膨大な資料を載せた作者渾身の古典名作。後半はいかにして女工の境遇を改善できるか悩んだ作者が「人類にとって衣服はやはり必要だ、この労働を否定できない、いったいどうすればよいのか!?一般の結婚前の婦人に強制するのだ。皆が働くことになれば長時間労働がなくなる・・・」などとおそらく本気で書いているのに驚く。繊維工業が日本の主要産業で、女工の取り合いになるほどの勢いで労働者の権利が確立されていない中、作者なりに悩む当時がしのばれる。社会は少しづつ少しづつ良くしていく努力がいかに大切かあらためて考えさせられる。

  • 様々な角度から、
    取材に基づいた分析、
    膨大な資料の引用、
    読み応えがあります。
    主観に基づいた文章が多いのですが、
    人間らしい生活とは、食べて寝て働く
    のみで成り立たないこと、
    自由な時間が確保できて(ひとりになれる)、
    賃金が自由に使えること、
    不当な労働をさせられたら、
    正当な扱いを要求できるだけの教育を
    受けられること。
    現代においても、通じる問題がある。

  • 女工の成り立ちから募集、研修、福利厚生、安全衛生、職場環境、生活環境など細かく書かれている。著者自身にいくつかの工場経験があり説得力がある。
    大正末期に書かれた作品であるせいか、はたまた著者自身が労働者であるせいか左翼臭強く読みにくかった。
    たびたび出てくる女工の小唄はその時代やその場の雰囲気が感じられて良かった。炭坑節なんかと近いイメージ。ああいうのって現実味があっていい。

  • おもしろかった

  • ああ野麦峠より少し前の紡織女工の労働ルポ。
    社会主義的な思想がいくつか見えるように思う。

    今も、この頃の空気が残ってるように思う。
    労働者の根本的な環境はそう簡単には変わらない。

  • 有名な本です。
    明治~大正期にかけて富国のために、命を削りながら衣服を紡いだ女工たちの実像を描いたものです。
    田舎に住む少女たちが女工になるまでの斡旋の実態や、工場での仕事、生活など過酷な状況がわかります。
    女工は有名ですが、紡績工場には著者を始めとした男工の存在は初めて知りました。
    著者の言う、人が生活するためには必要不可欠な衣服を作る人達がどうしてこんなに酷い生活を強いられなくてはいけないのかという文言には考えさせられました。

    女工は基本的には年季制で働かされていますが、同じようにこの時代は遊郭の遊女たちも年季制で働いていました。以前読んだことのある吉原の遊女の方が書いた本では女工よりも遊女はキツいといった事が書かれていました。一方で、本書では女工から遊女へと転職し長くそこで働いていることを指摘し、女工は遊女よりも厳しいのであると書かれています。
    どちらも厳しい仕事ではあるのですが、当事者たちのこういった見方はとても興味深かったです。

    現代の労働環境は、この女工の時代よりははるかに良くなってると思います。しかし、依然として自殺者が多かったり過労死など色々な問題が山積しています。将来的に労働環境はどうあるべきなのか色々と考えさせらる良い本でした。

  • 悲しいですね。

全16件中 1 - 10件を表示

女工哀史 (岩波文庫 青 135-1)のその他の作品

女工哀史の詳細を見る 女工哀史 細井和喜蔵
女工哀史の詳細を見る 女工哀史 細井和喜蔵

細井和喜蔵の作品

女工哀史 (岩波文庫 青 135-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする