谷中村滅亡史 (岩波文庫)

著者 : 荒畑寒村
  • 岩波書店 (1999年5月17日発売)
4.00
  • (6)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003313732

谷中村滅亡史 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田中正造から足尾鉱毒事件を世に訴えるために是非書いてほしいと依頼され、若干二十歳でこの書を著した寒村師が社会を見る眼をどこで養ったのか、ただただ驚嘆するばかり。

    NHKのドラマ『足尾から来た女』の予習のつもりで読みました。

  • 谷中村の人びとの棄民に等しい仕打ちを当時の政府から受けていたことを知りました。いまの社会を見わたしても、福島第一原発事故による被災地での仮設住宅や沖縄米軍基地のまわりに暮らす人びとへの政府の対応からはなんら誠意が見えてこないです。アベノミクスや東京五輪招致に浮かれているあいだに、都合の悪いことは忘れ去られていくような気がします。

  • 冒頭、田中正造翁の「序」に謂う。
    「拝啓、先日お出での頃はご覧の通りで、ゆるゆるお伺いもうしあげかね遺憾このことに候。今度のご書面には急ぎお返事申しあぐべきはづの処、連日の大雨にて村民の仮小屋は大破をなし、老幼までも蓑笠のまま夜を明かしそうろうのため、ついに多数の病人を出すに至りもうし候。云々」
    これにより、明治40年ついに谷中村は滅亡する。青年荒畑寒村は6月10日に谷中村を訪れる。翁曰く「ねがわくは、他日谷中村のために、一書を著して世に訴えよ」と。その直後に谷中村は強制執行のために僅かな抵抗農家は破壊され、土地も大洪水で破壊される。二十歳の荒畑寒村は超スピードで一書を著し、約1ヶ月で出版までにこぎ着ける。文章はやや荒いものの、その30年に及ぶ利根川水域の悲劇をコンパクトに豊富な資料と数字と感情とでもってまとめ上げ、現代の我々をもの心を打つルポルタージュとなれり。翁の序文は以下のように結んでいる。
    「それ谷中村の地勢すこぶる水利に富み、かつ天与の肥沃地たるにおいては日本無比、関東の第一位にあり。もし政府の悪干渉を除かば、天はすなわち人民と協力してたちまち天下無比の一大美村を造り出して、社会の公益を増進するや毫も疑ひなし。あゝ鉱毒はよく人の生命を刻みまた多くの町村を滅ぼしたり。今や鉱毒は変態して、土地を収用し土地を奪うに至れり、しかれども天はこれに与せざるなり、谷中村は早晩必ず復活いたすべく候。」

    1907(明治40)年の話にとても思えない。100数年後のついこの間、フクシマで起きたことではないのか。いや、沖縄で、100年後の利根川水域の八ツ場ダムで起きたことではないのか。

    大企業が始めて、政府がそれを後押しする。古代は武力にて直接略奪したかもしれないが、近代以降は法律という複雑な間接方法によって変化しただけ。

    ここに日本のその後の公害問題、土地問題、政治保障問題等々の諸問題があからさまに展開されている。人民の団結には時間がかかること。政府の及び腰と責任回避、世間の注目を集めたあとは団結の分断と買収、そして根本原因の治療ではなく対処療法に奔走すること。さらにいえば、あとになるほど莫大な税金を湯水の如く使うこと。さらにいえば、谷中村は洪水防止の遊水地として滅亡させられたのであるが、早くから洪水防止の役をなさないのは言われているということ。まるで八ツ場ダムのごとし。

    解説の鎌田慧は現代と何ら変わることないことを嘆息して、諫早干拓、長良川河口堰建設、砂川米軍基地建設、成田空港建設、青森六ヶ所村或いは水俣病、三井三池炭塵爆発の学者の荒唐無稽な言説を挙げている。ホントはまだまだあるだろう。日本はこの100年、何度も何度も何度も同じことを繰り返しているのである。
    2013年8月4日読了

  • 政府・法律・警察 i.e. 国家権力が支配層(政治家・資本家)の道具たるは今も昔も変わらぬ。国家の行為は、同語反復的な意味で、「合法的」だ。よって支配層は、私欲を「合法的」に満足せんが為に、国家を利用する。国家は支配層の欲望充足にとって格好の手段たる「合法的な暴力」を独占しているのだ。だからこそ国家は批判されねばならぬ。国家を超えた価値が求められる所以である。それを実定化するのが憲法だ。

  • 城山三郎「辛酸」との併読がお薦めする。より状況が理解できると思う。

  • 課題のために。
    内容はあんまり楽しいもんじゃないけど、楽しく読めました。
    憲法が変わろうと為政者のやることってもしかして変わらない? みたいなことを思った。

全6件中 1 - 6件を表示

荒畑寒村の作品

谷中村滅亡史 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする