孤猿随筆 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003313893

作品紹介・あらすじ

はなれ猿に送り狼、狐の飛脚、化ける猫-動物たちは人間の生活と感情のなかでどのような位置を占めてきたのか。物語・伝承・記録を織り交ぜながら、飼い犬の挙動や庭のどら猫一族まで、「小さな真実」をめぐる考察は自由に架橋する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬、猫だけでなく、狐、狸、猿、狼など、比較的人間と深く関わりあっていたはずの生き物達と人間との関係の変化に関する考察。動物学的なことではなく、言い伝えや民話からそれを解き明かしていく過程が面白い。

  • 書名に「随筆」とあるとおり、やや軽い読み物といった趣だが、さすが柳田國男、いつものように博識ぶりを発揮し、民俗学的な思考にいざなってくれる。
    狐や犬のような動物を巡る民間伝承や文献をさぐり、彼らのイメージが人間にとってどのようにあらわれてきたかを記述しようとする。
    柳田國男の文章はいつも、どこか随筆のような飄々とした雰囲気があり、「民俗学」という学問上のいかめしい論文というより、きまぐれな道草や方向転換をもふくんだ、文体自体が味わい深い文学作品という印象がある。
    レヴィナスの哲学書が一種の文学として読めるように、柳田民俗学もすっぽりと柳田文学というパースペクティヴで捉え直すことができるだろう。
    この文章はじっくり読めば読むほど味が出てくる。それは既に失われた、昭和初期以前の民俗的風景の匂いに似ている。

  • 岩波文庫:青 080/I
    資料ID 2011200060

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1875年兵庫県生まれ。農商務省勤務、貴族院書記官長を経て、1930年代以降は民俗学の著作に専念し、研究会や雑誌を主宰した。おもな著書に、『遠野物語』『木綿以前の事』『海上の道』など。1962年没。

「2018年 『祭祀習俗事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳田国男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
バルガス=リョサ
冲方 丁
米澤 穂信
ジェイムズ・P・...
ミヒャエル・エン...
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする