十二支考〈下〉 (岩波文庫)

著者 : 南方熊楠
  • 岩波書店 (1994年1月17日発売)
3.68
  • (5)
  • (7)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 138人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003313923

作品紹介

犬と猫はなぜ仲が悪いのか。人や他の動物の寿命はどのように決まったか。猪と蝮の関係は?…それからそれへと興味つきない話の数々。下巻には羊、猴、鶏、犬、猪、鼠の各篇を収録。

十二支考〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 十二支の動物たちを章立てて、古今東西の伝説や民話を綴った説話集。下巻には羊、猴(さる)、鶏、犬、猪、鼠の各篇が収録。

  • 羊に関する民俗と伝説
    猴に関する伝説
    鶏に関する伝説
    犬に関する伝説
    猪に関する民俗と伝説
    鼠に関する民俗と伝説
    解説(宮田登)
    (目次より)

  • 2009.2.21

  • 知識の深さに感嘆する。南方さんは蜘蛛の巣みたいな頭をしているのだと思った。

全5件中 1 - 5件を表示

十二支考〈下〉 (岩波文庫)のその他の作品

南方熊楠の作品

十二支考〈下〉 (岩波文庫)はこんな本です

十二支考〈下〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする