宗教哲学序論・宗教哲学 (岩波文庫)

著者 : 波多野精一
  • 岩波書店 (2012年9月15日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003314531

作品紹介

波多野精一の宗教哲学三部作より『宗教哲学』(1935年)、『宗教哲学序論』(1940年)を収録。「宗教的体験の理論的回顧、それの反省的自己理解」として構想された宗教哲学が、実在、力、「真」という問題を経て、人格主義(「愛」の神)へと展開される。宗教の本質は象徴を介した絶対的他者との愛の共同であることが論じられる。

宗教哲学序論・宗教哲学 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前に読んだ「時と永遠」に先んずる2編で、合わせて三部作をなす。
    波多野精一の語る「宗教」とはキリスト教のことで、それ自体には興味はないが、彼が展開する他者論には共感する。
    「宗教哲学」が1935年の著作で、「宗教哲学序論」は1940年、後のものだが、本文庫版では「序論」を先にしたかったのか、後者を先に置いている。しかし「序論」の方は、宗教論の論理的手続きに関してくどくど述べているもので、少々退屈だった。

    波多野精一の言う他者とは、まずは普通に周囲にいる他人たちのことで、
    「主体はいつも「他者」との交りにおいて存在する。主体と主体(実在的他者)との交りにおいて実在性は成立つ。」(P84)
    「人格はその成立のために共同態を必要とする。」(P357)
    という思想は木村敏氏の「あいだ」の理論にも通じるものだ。
    ただし、この思想をさらに著者は展開し、絶対的他者=神の実在性へと行き着く。つまり絶対的他者まで到達しない限り、「他者との生の共同」(P360)としての「愛」は完全に成就しないというのだ。
    確かに「他者」さえ発見すれば気が済んでいた20世紀後半の一部の哲学者たちには、なにか欠けていたかもしれない。しかしそこにはどうしても「神」が必要なのだろうか?
    私たちのような無神論者にはちょっと近づきがたいテーマではあるが、単なる「他我」ではない他者の他者性をのぞんでいく主題は、それ自体どこかで行き詰まるのではないかという危惧も感じている。
    馴染まないキリスト教テーマではあるが、深い思想的刺激をもたらしてくれる書物だった。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2012200348

全2件中 1 - 2件を表示

波多野精一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
マックス ヴェー...
ロラン・バルト
A.M.ホカート
ウィトゲンシュタ...
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

宗教哲学序論・宗教哲学 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする