宋詩概説 (岩波文庫)

著者 : 吉川幸次郎
  • 岩波書店 (2006年2月16日発売)
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003315231

宋詩概説 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • 宋代の漢詩は悲哀の詩が少ない。哲学的な巨視と冷静さで、生活に密着した詩を詠う。その昔「詩経」の時代、叙情の素材は悲哀に選ばれていた。六朝の詩は絶望と悲哀が基調だった。唐詩は悲哀を抜け出て希望を引き出したい葛藤から緊張感ある激しい詩が生まれた。著者は唐詩が酒なら宋詩は茶と述べている。噛めば噛むほどに感じる静かな喜び。そして雨がよく詠われている。本書では北宋、南宋の時代をそれぞれ過渡期、中期、後期と分け、総勢二十名以上の詩人を作品と共に解説しており、蘇軾に至っては三節に渡って述べている。当時の生活が伝わってくる。

全3件中 1 - 3件を表示

吉川幸次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

宋詩概説 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする