吉田松陰 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003315415

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漢文の素養の無いモノにとっては、なかなか理解できない部分が多いのが残念。
    いつか再度挑戦いたしたし。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

徳富蘇峰(とくとみ・そほう)
1863年、熊本県生まれ。名は猪一郎。熊本洋学校に学び、同志社にて新島襄の教えを受ける。明治20(1887)年、民友社を設立、『国民之友』『国民新聞』を発行。貴族院議員を経て、評論家、歴史家。『近世日本国民史』により学士院恩賜賞を受ける。昭和18(1943)年、文化勲章受章。昭和32(1957)年逝去。主著に『将来之日本』『大正の青年と帝国の前途』『静思余禄』などがある。

「2015年 『徳富蘇峰 終戦後日記 『頑蘇夢物語』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田松陰 (岩波文庫)のその他の作品

吉田松陰 Kindle版 吉田松陰 徳富蘇峰

徳富蘇峰の作品

吉田松陰 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする