君たちはどう生きるか (岩波文庫)

著者 : 吉野源三郎
  • 岩波書店 (1982年11月16日発売)
4.20
  • (702)
  • (434)
  • (330)
  • (24)
  • (10)
  • 4823人登録
  • 604レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003315811

作品紹介

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

君たちはどう生きるか (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思うところがあり、書き直しました。<(_ _)>

    初めて読んだのは小学校高学年。
    5年生だったか、6年生だったろうか。
    人間ってなんだろう? 生きるってなんだろう? 
    と純粋に思い始めた頃だ。

    それから今まで何度読み直したか分からない。

    「コペル君」と「おじさん」の会話が淡々と進む。
    コペル君が学校で出会う様々な事件。
    それに対してコペル君が感じたことに、おじさんがノートに返答を書く。

    人を差別してはいけない。
    人間なんてデパートの屋上から眺めたらちっぽけなものだ。
    その一分子として、主観的ではない客観的な視点を持たねばならない。
    立派な人間とはどういう人間のことをさすのか。

    ニュートン、ナポレオンなどの偉人を引き合いに出したり“生産関係”などの社会科学的な言葉で、人間のつながりを教えたり。

    おじさんのノートは、常に豊富な示唆に富んでいる。

    子ども心に、「そうか、人間はこう考えて生きていかなければならないんだ」と感銘した記憶がよみがえる。

    戦時中の子供たちに“人間の生き方”を真正面から問うた吉野源三郎の不朽の名作。
    それ故に太平洋戦争が始まってからは刊行も許されなくなった。

    読んだ後、それからの私の人生の指針となった珠玉の一冊。
    まさに、私の人生を決めた生涯の一冊。
    ※ちなみに、池上彰氏も自分の人生に影響を与えた一冊だと言っています。

    大人になった今読んでも、深く考えさせられる名著であるのは間違いない。

    子どもたちのみならず、多くの大人たちにも読んでもらいたい。
    宝物のような作品。

    今の子供たちに真正面から問いたい。考えてもらいたい。
    君たちはどう生きるか?

    そして、自ら、或いはまわりの大人たちにも問うべきだろう。
    これから、私は、あなたたちはどう生きるか? と。

  • プレゼントされなければ、おそらく手に取ることは無かっただろう一冊。
    読めてよかった。この本を贈ってくれた相方に、感謝。

    戦前(1937年初版)の少年少女向け文学。
    少年コペルの日常と、その叔父が彼へ語りかけるノートとが交互に描かれる物語には大きな起伏はなく、どちらかと言えば平板なお話なのだが…。

    70年以上前という時代背景と関係なく、読中ずうっと、我々人間はどう在るべきかを押し付けがましくなく示唆され続けた。

    決してエンタメではない。
    少年少女にはきっと、難解に過ぎる向きも強い。
    けれども確かに、未来の日本を背負っていく達少年少女にこそ読んでもらいたい一冊。

    「王位を奪われた国王以外、誰が、国王でないことを不幸に感じる者があろう」

    痛みを感じる者以外、誰が、痛みのない状態を幸福に感じる者があろう

    「人間同士調和して生きてゆくべきものでないあらば、どうして人間は自分たちの不調和を苦しいものと感じることができよう」

    と進んでいく、“叔父さん(著者)”の主張に心を強く打たれた。

    ★4つ、8ポイント。
    2018.01.16.新.贈。

    ※当時(1937年)は、「いじめ」という単語はなかったのね…。

    ※旧制の中学一年生(現代の中2?、中3?)の、思慮の深さ(笑)。

    ※「叔父さん」の、超人的な博識ぶり(笑)。

  • 名作。読む前に気合いを入れてみたのだけど、拍子抜けするほど読みやすかった。

    コペル君の成長には、コペル君自身の知的好奇心と、出会いと経験、それから彼の好奇心を支える周りの人々が欠かせないのだと思う。
    結局、人は一人で生きるより、皆で生きることの方がより複雑な経験を得るのだな。
    そうして、芽生えた苦しみや悲しみを、糧にしようとするアドバイスは、私の心にもぴったりはまって、心地良いものだった。

    マイナスの感情に囚われることは、なにも不幸なのではない。
    そんな風に感じ、落ち込み、迷う自分を知ることの大切さを思い知らされた。

    コペル君を育てることは、簡単なことではない。
    必要なときに、必要な言葉をかけてあげることのできる、大人にも余裕がないといけないからだ。
    けれど、学ぶことの楽しさを、生きることの美しさを感じ、伝えてゆける余裕の持った大人が増えるのならば、きっとワクワクするような社会になるんだろうな……とも思ってしまう。

    貧しさと、生産する者の尊さ。
    立場と、立場では覆せない、人の在り方。
    裏切りと、それを受け止めることの勇気。

    丸山眞男の解説も、すごくいい。

  • あなたは大河の一滴なのだから、その一滴としてどのようにふるまうことが大切なのかをしっかり考えなさい、といったことをとても温かで力強い言葉で伝える本。
    歴史的名著といわれるゆえんは、語られる言葉の深い深い教養と知性に支えられた血肉の通った言葉にあると思います。

    私の嫌いな道徳の時間でも、この本くらいの根のはった哲学した熱い言葉が語られていたら聞き入っていたと思う。
    大人にも受け入れられているのは、表面だけではない何かがこの本から感じられるからだと思う。

    漫画のほうの記事を読んでいて、作者がこの本の中物語にとても引き込まれたそうですが、私も同様で、ページをめくるのが楽しくて仕方なかった。
    後半のコペル君が苦悩する場面はとても印象的。

  • 叔父から「コペル君」というあだ名をもらった15歳の少年は、家庭や学校での経験を通して様々な真理を学んでいく。そんなコペル君が話す日常に、叔父はそっと耳を傾け思いをノートに綴る。

    デパートの上から眺めた際に気付いた人間の小ささ、学校では内向的な友人が自宅で見せる頼もしい姿、友人のお姉さんから聞いたナポレオンの偉業など、コペル君は見たもの聞いたものに素直に驚き、感心し、吸収していきます。
    日々の生活なかで楽しいことや嬉しいことも経験しますが、同じくらい分からないこと、理解ができないことを目の当たりにしたり、時にこの世の終わりだと感じるほど落ち込むこともあるでしょう。ではそういった事態に直面したときにどうすれば良いか。
    大切なのは「その次にどのような行動をおこすか」です。
    目を逸らすのではなく向き合い、その物事に対しよく考え、最善を尽くす。そういった行動の根底には「自分はどういった人間になりたいか」「社会のなかでどう生きていくか」といった大きなテーマに直結していきます。
    コペル君というひとりの少年の成長期を軸に描かれた青少年向けの易しい本ですが、大人となった今でも心に残るフレーズとたくさん出会えました。

    「自分はどう生きるか」――この先も数多く待ち受ける選択の場面で、都度頭によぎることになるであろう心強い問いかけとなりそうです。

  • 昔読んだかすかな記憶から、この本を手に取った。なんとなく好きだった程度の感覚が、今あらためて読むことで、こんな素敵な本だったのかとまで変化した。今出会えてよかったし、これからいろんな人に勧めたい本。

  •  本書の物語は、中学生コペル君の体験と、それに対する叔父さんのアドバイスというかたちで展開してゆきます。もちろんその主題にあるのは「どう生きるか」ということですが、それは個人としての心の在りようの問題であると同時に、社会のなかで生きる者としての心の在りようの問題でもあります。つまり「どう生きるか」という問いかけは、人として持つべき心について考えるだけではなく、世の中の何を見て何を感じるかということ、またそうして見聞きしたものをどのようにして世の中との関係のなかで考えてゆくか、という問いかけでもあるのです。

     なぜ自分が生きるために世の中の物事を見て感じ考えなければならないのか。それは「どう生きるか」ということを自分で問い考え続けなければならないからだと著者はいいます。目標にすべき「立派さ」というものは人から与えられるものではなく、自分の感動のうちにしかありません。ですから、叔父さんは、名のある立派な人間になってほしいと言っている訳ではありません。いくら名があってもそこに心がなければ意味がないのです(重要なところなので念のため)。

     ですから、コペル君に助言する叔父さんは、ほとんどの場合何かの明解な答えを教えているわけではありません。自分はどうすべきなのかということは、自分で考えなければ意味がないからです。叔父さんは、コペル君が考えたことが世の中にどう繋がるかを教えるだけです。そこからコペル君は、日常で見聞きした物事について「世の中にどう繋がるか」という視点から考えるようになってゆくのです。たった一つの例外、叔父さんが明快な答えを突きつけたのは、コペル君が自分の心の弱さに負け、自分の良心にそむく行動をとったときだけでした。自分がすべきだと思ったことから逃げようとしたときだけだったのです。

     このような意味で、本書は「どう生きるか」を”教える”のではなく、「どう生きるか」と問いかけている本なのです。本書が軍国主義化していた日本において”少国民”に向けて書かれたという文脈を超えて、今なお読まれ続ける理由は、その問いかけにあるのでしょう。

     それは、解説にもあるように、「甘ったるいヒューマニズム」でも「かびのはえた理想主義」でもなく、それについて誰もが考えざるを得ない問いかけなのです。

  • この著書は、15歳になるかならないかのコペル君と、大学を出て間もない法学士の叔父さんとのやり取りという形で、人生いかに生きていくべきかと、昭和10年、戦争の足音が近付く中で、 哲学者の吉野源三郎氏が記した子供への希望の書である。
    大学時代から、この本を読むべきと勧められらた経験は何度もある。
    しかし、34歳になる今まで読了して、心に沁みいったことはなかった。
    つまり、それだけ私自身が未熟であったという何よりもの証である。
    子どもに対して倫理観を教えたり、社会観を教えられる大人が極端に減っている理由を考えてみると、自らを客観的に捉える感性を喪ってしまっている点にあるのではなかろうか。
    あらゆるものを主観的に、瞬間的に判断していまう人が増えてきた日本社会において、改めてこの著書が読まれる意義は、非常に大きい。
    私自身が、「君はどう生きるか?」と問われても、明確な答えを見出せていない。
    だからこそ、たまには立ち止まって、『コペル君なら何を考えるだろう?』、そう思い返す時間を大切にしたい。
    それが読後の唯一の感想である。

  • コペル君だそうだ、コペル君。本を開いたときに思い出したが、以前読んだ時には、読み終えられなかったので、本棚に登録しなかったのだろうな。

    昭和12年の本ってと思うが、 本田建ー氏のお勧め本でまた手に取ってみる。こんなに長い間支持される本もすごいね。

    中学一年生の主人公、おじさんとの対話でニュートンの発見、ナポレオンの英雄的精神等、生き方を学んでいく本。

    古くても良い考えはや本は、変わらないとは思うが、娘たちが中学生の時にこれを題材にして話をしてもピンとくるだろうか、という点では不明。

    【学】
    アレクサンダー大王は紀元前334年、ギリシャ同盟軍を率いてアジア大陸を征服してまわった。東西の文明を結びつける為に、遠征の要所、要所にギリシャ人を住ませた。仏教は有ったが、仏像を彫刻する文化がインドには無く、ギリシャ人によって仏像は作られたので、仏像の顔は西洋人っぽい

    # 本田建ー氏お勧め本

  • この本はまったく堅苦しくありません。
    主に登場するのは、中学2年生のコペル君とその友人たち、そしてコペル君のおじさんです。
    コペル君が感じたことを、コペル君のおじさんがとても丁寧に説明しながら鋭く分析していきます。
    それを読みながら読者はいつのまにか自分はどう生きるかを考えます。

全604件中 1 - 10件を表示

吉野源三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
宮部 みゆき
綿矢 りさ
ヴィクトール・E...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

君たちはどう生きるか (岩波文庫)に関連するまとめ

君たちはどう生きるか (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする