南無阿弥陀仏―付・心偈 (岩波文庫)

著者 : 柳宗悦
  • 岩波書店 (1986年1月16日発売)
3.85
  • (14)
  • (6)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
  • 139人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003316948

作品紹介

南無阿弥陀仏という六字の名号が意味するものを説き明かしつつ、浄土思想=他力道を民芸美学の基盤として把え直した書。なかでも、日本における浄土思想の系譜を法然‐親鸞‐一遍とたどり、一遍上人をその到達点として歴史的に位置づけた点は注目される。柳宗悦晩年の最高傑作であり、格好の仏教入門書である。

南無阿弥陀仏―付・心偈 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もういい年なので抹香臭いのも読んでいく。著者は民藝運動の柳宗悦だが、この手のものも随分書いている。本書では浄土思想の系譜を法然・親鸞・一遍と辿っている。

    凡夫の方が「より」救われるというような比較級の表現がよく出てくるが、救済が自力ではなく外在する他力(阿弥陀仏の本願)によるのであれば、そういう物言いは阿弥陀仏の完全性を損なうことになるので、読んでる間中ずっと引っかかった。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784003316948

  • 浄土宗について、法然、親鸞、一遍を中心に書く。
    ちょっと難しめ。

    巻末に収録されている『心偈(こころうた』が素敵。
    柳宗悦が晩年にごく短い詩のようなものを書き、それについて説明を加えたもの。

  • 宗悦論としては、民芸思想と浄土思想の平行関係。
    浄土思想に関する論としては、法然から親鸞をへて一遍へと続く道を跡付けたこと。とくに手垢にまみれた民芸の美を発見した柳だからこそ、それまで過小評価されていた一遍の再評価を可能とした。
    これに法然の前に叡空を加えてくれていたら、
    もっとすわりがいいのだが、そこまでは論じられていない。

  • 柳宗悦が独自の観点から浄土教の思想を解説した本。法然、親鸞と受け継がれた浄土思想は、一遍において到達点を迎えたという見方を提示している。

    柳の民芸論では、天才的な美術家によって作り出される作品の「美」と無名の職人の技が生み出す「美」が対比されている。前者は「自力の道」、後者は「他力の道」と呼ばれる。言うまでもなく仏教の自力と他力の区別を流用したものだ。本書は、そうした彼の民芸論を理論的に支えた彼の浄土思想の見方がストレートに示されているという点で興味深い。

    著者は、法然から親鸞を経た浄土教が、一遍によってもっとも高い宗教的境位にまで到達したと考える。法然は、ひとすじに阿弥陀仏をたのむことを説いた。そこでは、「南無阿弥陀仏」と唱えることで、人は仏に帰入すると考えられているのである。だが、親鸞はこの考えを逆転する。彼は、すべては阿弥陀仏から私たちへの廻向行だと考える。「南無阿弥陀仏」と唱えるとき、人は仏によって帰入せしめられているのである。

    法然の教えは「人から仏へ」であり、親鸞の教えは「仏から人へ」であると言うことができる。ところが一遍は、人と仏が「不二」であることを説いたのである。「名号が名号を聞くなり」と言われるように、「南無阿弥陀仏」の当体になりきって念仏を唱えることが、一遍の考える念仏であった。

    柳はおそらく、無名の職人が自然と一つになりきることで美しい民芸品を生み出すときに、職人と自然との「不二」の境地を見ようとしていたのだと思われる。ただし宗教哲学的な観点から本書の主張を検討するならば、人と仏の「不二」を性急に説くあまり、両者の「不一」の側面を十分に尊重していないという批判の余地を残しているように思われる。

  • 「生きるヒント」つながり。

  • 何度も何度も読み返し、いつもいつも思い出す本がある。
    もうそれは、言葉に出して考えなくても、
    心の片隅に染み付いている存在である。
    僕にとってこの本はそういう一冊だ。

    ものには作り手の心が表れる。よく言われることだ。
    では、特別な教育もなしに最も美しいものを作り出す人々は、
    どんな心をしているのか?その心は、どうやってつくられたのか?

    それが、柳宗悦と仏教との出会いだったそうだ。

    宗教と芸術と科学、それらを隔てる仮の垣根が透けて、
    心の働きが持つ力の世界が浮かび上がってくる。

  • 南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……

  • 南無阿弥陀仏に救われた方々。
    道後温泉奥のネオン街のまた奥に一遍上人が産まれた寺があるのをご存知でしたか。ちなみに寺真向かいにあるネオン街の一番奥の店は「パブ姉妹」僕はこの店の佇まいに南無阿弥陀仏を感じました。

  • 夏の早朝に心静かに座禅を組みながら鳥のさえずりを聞きながら読むのが好み。
    柳さんの感性がよくわかる本。

全14件中 1 - 10件を表示

柳宗悦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
スーザン ソンタ...
マックス ヴェー...
三島 由紀夫
キェルケゴール
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

南無阿弥陀仏―付・心偈 (岩波文庫)はこんな本です

南無阿弥陀仏―付・心偈 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする