柳宗悦民藝紀行 (岩波文庫)

制作 : 水尾 比呂志 
  • 岩波書店
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003316955

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 柳宗悦 の 精選 民藝紀行集。柳宗悦が 簡素、自然、伝統に美を見出したことがわかる

    「凡夫成仏」天才でなくても独創でなくても 美しさを示す道が凡夫に用意されている
    「模様は絵画と同一でない」絵画に従属している限り 正当な模様にならない
    「赤には人間の意向が働き、黒には自然の意思が働く」

    並々ならぬ美しさ
    *反復→仕事の熟達→技の完成→美の保障
    *個性を欠く→それ故に かえって 普遍的
    *多く描く=図柄を略化→結晶されてくる

    「反復であって反復でない」「いつも今描かれている絵」
    昨日にも明日にも縛られず、存在するのは 即今の連続のみ〜いつも絵に新鮮さがある

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    美しい品物。良い工藝を求めて、日本各地・朝鮮・中国の民藝を訪ね歩いた柳宗悦(1889‐1961)の紀行文を中心に19篇を精選した民藝紀行集

  • 知識があるにも関わらず、感情的に書かれた日記。
    あまりに感銘をうける。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする