古典学入門 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.93
  • (5)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003318416

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 音楽と同じように古典は国境を超える。
    世界中の人々が読み愛している古典。

    古典とは、本来は古代ギリシャやローマ、古代中国の聖賢の書をさす。
    次に、西洋ではルネサンスごろから20世紀のはじめまで、中国では前漢・後漢から清代に至るごろまでにわたった二義的な古典。
    日本では奈良から明治初年にいたるまで。

    ルネサンスは、古典に回帰し、知の爆発により起きた。
    古典力おそるべし。

  • 新書文庫

  • 私はいわゆる理系に属しているため、古典の学術的な読み方をはっきりとは知らなかったが、この本はそれを教えてくれる。源氏物語などの例をあげながら、文献学的、歴史学的、文芸学的な読み方で古典を読む方法が、提示されている。それぞれが独立ではなく、しかも必要とされる知識が膨大で、高校までの古典の勉強では何も得ていなかった、と気づいた。深遠な学問世界を覗き見るのに格好の一冊。

  • 非常に読みやすい。でもしっかりした一冊。

    最近は「入門」と称して、ほんとうにさらっと流しただけのような
    新書も多いので。
    きちんと枠を意識できるような一冊に出会えて嬉しい。

    文法読解と、内容を味わうという部分に隔たりを感じていた私。
    その疑問と解決方法がおぼろげながら見えてきた気がする。

    高校生、または大学生に是非読んで欲しい。

  •  祝! 重版再開!!
     古典を専攻する人間であれば、絶対にその名を目にしない訳がなく、また耳に入れないはずもなく、それ故に避けて通ることは十中八九出来ぬ国文学・平安文学界の重鎮。
     特に『源氏物語』研究は、他の追随を許さぬ膨大さ。
     『源氏物語大成(全8巻)』の完結直後に不帰の人となる人生と言い、私の中では、もはや完全にMr.源氏。

     本書は、古典の例を挙げ、学ぶ上での心構えや基礎を記したもの。膨大な資料と造詣の深さ、それに裏打ちされた論理的展開が三位一体となって進む。
     また「入門」と銘打つだけあって、比較的容易に読み解ける点が嬉しい。

全7件中 1 - 7件を表示

池田亀鑑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
アポロドーロス
マックス ウェー...
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする