狂気について―渡辺一夫評論選 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 大江 健三郎  清水 徹 
  • 岩波書店
3.78
  • (11)
  • (6)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 179
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003318829

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 寛容と不寛容についての話が興味深かった。ヴォルテールの寛容論を読み直したくなった。

  • フランス・ルネサンス研究やラブレーの翻訳で知られる仏文学者 渡辺一夫の随筆集。暴力・狂気(非理性)・不寛容を静かに峻拒し続けたユマニスト(人文主義者、ヒューマニスト)。僕だったら理性や合理主義に或る種の抑圧や頽落を見出して己の疎外の源泉としてしまうところであるが、渡辺は理性的であることの良質な部分を決して手放そうとはしなかった。彼は、宗教戦争が酸鼻を極めた16世紀フランスに於いて穏当な理性と健全な懐疑主義と寛容とを保持したラブレー、エラスムス、モンテーニュを評価する。

    モンテーニュ『エセー』からの次のような引用は、現代日本に於ける排他的愛国心の跳梁を思うにつけ、実に印象的である。"私は一切の人間を同胞と考え、・・・民族的な関係をば、全世界的な一般的な関係の後に置く。・・・我々の獲得したこの純粋な友情は、共通な風土や血液によって結合された友愛に普通立ち勝っている。自然は、我々を自由に、また束縛せずに、この世に置いてくれた。しかるに我々はペルシヤの王たちのように、我々自身をある狭い地域に跼蹐せしめているのだ。このペルシヤ王たちはコアスペス河の水より他に水を飲まないという誓いを立てて、愚かにも他の一切の水を用いる権利を自ら抛棄し、従って彼らから見れば、他の世界はすべて涸渇しているわけであった。"

    「文法学者も戦争を呪詛し得ることについて」
    平和時の人間に物質主義的堕落を見て戦争を精神主義的に賛美しようとする議論に対して、モーパッサンを引きながら、戦争を起こして利益を得ようとすることこそが物質主義であるとする箇所は、極めて痛快であり、昨今の幼稚な反平和的言辞に対する鋭い批判である。物質主義が戦争を求め、不寛容が戦争を支持する。

    「人間が機械になることは避けられないものであろうか?」
    政治・経済・法律・社会・宗教・学問 etc. の諸制度が物象化して官僚制に堕するとき、人間は制度の手段として巨大機構の歯車と化してしまう。諸制度を常にヒューマナイズし続けることが必要だ。つまり、人間性の観点から批判し続けること。

    「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」
    異物排除の欲望に覆われた社会は、次の文章を読んで寛容について再考すべきではないか。"秩序は守られねばならず、秩序を紊す人々に対しては、社会的な制裁を当然加えてしかるべきであろう。しかし、その制裁は、あくまでも人間的でなければならぬし、秩序の必要を納得させるような結果を持つ制裁でなければならない。更にまた、これは忘れられ易い重大なことだと思うが、既成秩序の維持に当る人々、現存秩序から安寧と福祉とを与えられている人々は、その秩序を紊す人々に制裁を加える権利を持つとともに、自らが恩恵を受けている秩序が果して永劫に正しいものか、動脈硬化に陥ることはないものかどうかということを深く考え、秩序を紊す人々の中には、既成秩序の欠陥を人一倍深く感じたり、その欠陥の犠牲になって苦しんでいる人々がいることを、十分に弁える義務を持つべきだろう。"

    不寛容が溢れる現代に於いてこそ貴重な、懐の深い理性に包まれた評論集である。

  • 「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」という評論が読みたいためだけに読んだ。なんか期待していたものではなかった。期待っていうのは、「答えが出ることはないけど難題をしみじみ考察して、解決策を模索する」みたいなん。答え出てんだよなこれ笑

  • 敗戦直後に執筆されたヒューマニズム関係の論考を目的に手に取ったが、晩年に執筆されたアンリ4世関連のエッセイもとても素晴らしかった。解説の大江健三郎が絶賛しているのも、うなずける。

  • カトリーヌ・ド・メディシスの遺骸が辿った歴史が興味深かった。ミイラ化した脚は本当に彼女のものなのか・・・、本物が見たいような見たくないような。

  • 「ユマニストのいやしさ」をはじめ、フランスルネッサンス人たちに対する論考は、そのまま自身の戦争体験の批判と同時に弁明になっているのだが、「俺は馬鹿だから反省しない」と居直ったほぼ同年代の小林秀雄と比較したときに深く考えさせられるものがある。

  • 死神の浮力、つながり。/人間のあらゆる不幸は、たった一つのことから生れる。それは、一つの部屋のなかでじっとしてはいられないということだ。p.183/寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容たるべきではない。p.194/「良心は、力を以て左右することのできない性質のものであり、むしろ教化されねばならず、決してこれを抑圧したり侵犯したりしてはならぬ。従って、もし信仰でも、それが強いられれば、それはもはや信仰ではない」(ミシュル・ド・ロピタル)p.205/不寛容に報いるに不寛容を以てすることは、寛容の自殺であり、不寛容を肥大させるにすぎないのである。p.208

  • 全部は読んでいないが、気になる章をいくつか読み終わった。「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」は必見。

  • 「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容であるべきか」
    これだけはお読みください。

  • 文学者の本を読んだことがなかったので、2,3章は内容が頭に入ってこなかった。文章自体が難解な上、書いてあることもよくわからない。自分のアホさを思い知った。
    他の章はエッセイ的で分かりやすく書いてあり、楽しく読めた。高名な文学者でも自分と同じような事で悩んだりしているのだなぁ、と、少し安心したりも。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

フランス文学者。1901年、東京生まれ。1925年、東京帝国大学文学部仏文科卒業。東京高等学校(旧制)教授を経て、48年、東京大学教授、62年、同大学名誉教授。文学博士。1975年、逝去。主な著作に『フランソワ・ラブレー研究序説』『フランス・ユマニスムの成立』『フランス・ルネサンスの人々』『戦国明暗二人妃』『世間噺・戦国の公妃』『世間噺・後宮異聞』など、おもな翻訳書にエラスムス『痴愚神礼讃』、ラブレー『ガルガンチュワとパンタグリュエル物語』など。



「2019年 『ヒューマニズム考 人間であること』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺一夫の作品

狂気について―渡辺一夫評論選 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×