音楽と生活―兼常清佐随筆集 (岩波文庫)

著者 : 兼常清佐
制作 : 杉本 秀太郎 
  • 岩波書店 (1992年9月16日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003319017

作品紹介

兼常清佐は日本のすぐれた音楽美学者である。神秘なこと、不合理なこと、曖昧なことを極度にきらい、常にアイロニカルな調子で日本文化を批判する長短とりどりの文章を発表した。そうした兼常に、長年にわたって敬愛の念を抱く編者が、49篇を精選・編集して一本とした。

音楽と生活―兼常清佐随筆集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「バデレウスキー*1が叩いても、猫が上を歩いても、同じ鍵盤からは同じ音しか出ない。どの指で、どんな形で、どんな打ち方で叩こうと、そんな事は音楽の音とは別に何の関係もない。」
    兼常清佐(一八八五―一九五七)は日本のすぐれた音楽美学者である.神秘なこと,不合理なこと,曖昧なことを極度にきらい,常にアイロニカルな調子で日本文化を批判する長短とりどりの文章を発表した.

全2件中 1 - 2件を表示

兼常清佐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする