新版 河童駒引考―比較民族学的研究 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.47
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003319314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本著の一発目が刊行されたころは、だんだん「敗戦なので河童」と言ふ謎の河童ブームが出てゐたらしい。
     さらに、著者は男爵で、パパから爵位は貰ったけど赤くなったのでさういふ活動して爵位を取っ払ったらしい。
     さういふ関係だとアイデンティティフリーな地獄が出るので、河童とかに頼りさうであるが、さういふ可哀想な関係としては大変幸運なアプローチでいい筈。
     「椰子の実を頭蓋骨に見立てて」どうのといふ面白い儀礼があった。へー。(南方熊楠によれば、椰子の実は一部、人の顔に見えなくはないらしい)

  • 河童が馬を水の中に引きずり込む、という伝承を、馬と水の関係に始まり、それと似た牛と水の関係、河童の原型の一つと言われる猿と馬の関係に分けて比較民族学的に様々な国や民族の例を出して考察した本。とにかく知識量がすごい。

  • 石田英一郎の著作は「桃太郎の母」につぐ2作目。
    世界的な神話の比較から、河童と水神、馬と牛、猿の関係を概観する。
    関係をたどる道筋は推理小説にも似て、読み物として大変面白い本。
    あとがきを読むと、より理解が深まるのかなとも思う。

  • (2010:渡辺正人先生推薦)

全4件中 1 - 4件を表示

石田英一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
マルクスアウレー...
キャサリン・サン...
有効な右矢印 無効な右矢印

新版 河童駒引考―比較民族学的研究 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする