訳詩集 葡萄酒の色 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.36
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003319444

作品紹介・あらすじ

評論家、作家、翻訳家として旺盛な文筆活動をおこなった吉田健一(一九一二‐一九七七)。ベレイ、シェイクスピア、キイツ、ラフォルグ、イエイツ、ヴァレリイ、エリオツトなど、独自の審美眼で選んだ英仏の詩を個性的な文体で訳した詩選集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 活字が読みやすい。翻訳がそれほど古くは感じられない。翻訳についての解説も丁寧である。これだけを読んでも価値がある。

  • 編集・訳:吉田健一

    通し番号 青194-4
    ジャンル 書籍 > 岩波文庫
          日本十進分類 > 文学
    刊行日 2013/06/14
    ISBN 9784003319444
    Cコード 0198
    体裁 文庫・並製・カバー・350頁
    定価 本体900円+税
    在庫 在庫僅少

    翻訳家,評論家,作家として旺盛な文筆活動をおこなった吉田健一(1912―1977).シェイクスピア,ボオドレエル,ラフォルグ,イエイツ,ヴァレリイ,T.S.エリオットなど,独自の審美眼によって選ばれた英仏の詩篇を収録.〈翻訳は一種の批評である〉と考えた訳者の個性が光る詩選集. (解説=吉田暁子・富士川義之)
    https://www.iwanami.co.jp/book/b246232.html

  • ソネットの訳に胸打たれる。原文をガッとつかんで、そのエッセンスを読み手の心に響く言葉で自由に表現する、そんな翻訳ができたらと思わずにいられない。

  • 基本的に読み終わってから、ブクログの本棚に登録することにしている。しかし、こういう訳詩集であり、パラパラ捲って、気に入ったことろを読んでいるので、終わりが決まるはずもないのである。

    タイトルが如何にも酒呑みの著者らしいが、復刻されたデザインも良いと思う。
    シェイクスピアのソネットから、T.S.エリオットの荒地まで、英仏の様々な詩が選ばれている。ゆっくり、ゆっくり読んでいこうと思う。

  • 吉田健一の訳詩集。
    収録されているのはシェイクスピア、バイロン、エリオット……等々。巻末の付録は『飜訳論』。
    基本的に無粋な人間なので詩のことは正直よく解らない。しかし、『君を夏の一日に喩へようか』という日本語がこの上なく美しいことは解る。ひょっとすると、詩とはそういうものなのかもしれない。
    『飜訳論』は吉田健一の翻訳に対する姿勢が垣間見える小論。こちらもなかなか興味深い。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1912年、東京生れ。作家・批評家。随筆や翻訳などでも幅広く活躍。おもな著書に、評論『文学の楽しみ』『ヨオロッパの世紀末』『時間』や、小説『金沢』『絵空ごと』『東京の昔』、随筆『私の食物誌』など。

「2022年 『こぽこぽ、珈琲 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イタロ・カルヴィ...
アントニオ・タブ...
三浦 しをん
ジュリアン・グラ...
三島由紀夫
エイモス・チュツ...
リチャード ブロ...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×