荘子 第1冊 内篇 (岩波文庫 青 206-1)

著者 :
制作 : 金谷 治 
  • 岩波書店
3.85
  • (24)
  • (26)
  • (32)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :343
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003320617

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 道家の書。
    胡蝶の夢の話。蝶になった夢を見る私は人間だろうか、それとも蝶が人間になった夢を見ているのだろうか。
    淮南子にある『真人は夢を見ない。』や、ウパニシャッドの『アートマンは夢を見ない。』と考え合わせると面白い。
    有名な大鵬や木鶏の話も載る。

  • 新書文庫

  •  逍遥遊篇。北の果ての海の鯤と名のる魚の大きさたるや見当もつかず、変ずれば鳳と名のる鳥になって大きな翼を大空の雲のように広げて南の果ての海を天翔るそうだ。あまりに大きくて用いようがないからぶちこわしてやりましたと恵子はいう。こぶだらけの大木など定規にもならない。ところであなたの話も大きすぎますね。荘子曰わく、何の悩むことがあるものか。

  • 世に老荘思想として語られる一方の雄、荘子ですが、いくぶんの現実志向を残す老子に対してこの荘子の融通無碍っぷりは止まるところを知らず、大きなスケールで読むものを煙に巻きます。

    史記に荘子の伝記がありますが、これによると荘子ははじめ地元の役人になるも、のちに仕官の心を捨てて思索と著述の生涯を送ったとされています。没落貴族系知識人、中国における隠者の原型といった趣です。


    内篇は、後世の荘子学派の論が付け加わる前の、いわば原荘子の中心思想とされる部分ですが、胡蝶の夢や朝令暮改の寓話など広く知られているところでもあります。
    東北大学中国哲学講座の大ボスにして、各地に弟子を出した金谷治先生の解説が光ります。


    ○違いの著しい点は、老子ではなお現実世界での成功をめざす現実関心が強いのに、荘子ではそれをまったく乗り越えているということであろう。荘子においてめざされたものは、この人間社会の束縛から解放された絶対的な精神の自由であり、自然と冥合した魂のやすらぎであった。(冒頭解説)

    ○(思想家の宋ケイについて)世のすべての人々に誉められてもそのためにさらに励むということもなく、世のすべての人々に誹られてもそのためにがっかりするということもなく、内なる自分の心と外界の事物との分別をはっきり立てて、栄誉と恥辱の境界を区別している。だが、それだけのことである。彼は世俗のことについてあくせくと求めることはしない。(逍遥遊篇第一)

    ○一旦この人としての形を受けたからには、それを変えることなくそのままにして生命の尽きるのを待とう。外界の事物に逆らって傷つけあっていけば、その一生は早馬のように過ぎ去って引き止める手立てもない。なんと悲しいことではないか。生涯をあくせくとすごしてそれだけの効果もあらわれず、ぐったりと疲労しきって身を寄せるところも分からない。哀れまないでおれようか。世間ではそれを死んではいないと言ったところで、何の役に立とう。[死んでいるのと同じである](斉物論篇第二)

  • 図書館で借りて。

  • 胡蝶の夢。P88,89。

  • 老荘思想として老子とセットで語られる荘子だが、書物としての面白さは荘子の方が上。イエスやソクラテスと同様、老子は自らの言葉を書き留めなかったのに対して、荘子は「胡蝶の夢」の様に、様々な寓話を書き記す事でその論理構造の外側にある充足した精神について指し示そうとした。解説では彼の哲学を「弱者がぎりぎりの底からたくましい強者へと転ずること」とあるがこれはある意味で正しく、ある意味では間違いだと思う。荘子の提示するのはそもそも弱者ー強者という差分の存在しない価値観だからだ。無用の用の境地は辿り着きたい目標である。

  • 漢文が読めないので、日本語訳のみ読ませていただきました。

    荘子の思想に一貫するのは「形を超えた世界に遊ぶ」ということ。
    今、目の前に見えているそれぞれの違ったものは、本当は一つの「道」において一つであるということ。

    荘子の思想を語る登場人物に「孔子」などが出てくることは、いったいどういうことだろうか。

  • 壮大さが素敵です。

  • 老荘思想

全16件中 1 - 10件を表示

荘子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キェルケゴール
マルクスアウレー...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

荘子 第1冊 内篇 (岩波文庫 青 206-1)に関連するまとめ

荘子 第1冊 内篇 (岩波文庫 青 206-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする