荀子 上 (岩波文庫 青 208-1)

制作 : 金谷 治 
  • 岩波書店 (1961年6月25日発売)
3.83
  • (4)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 77人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003320815

荀子 上 (岩波文庫 青 208-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 白文なし! 残念。

  • 再読。勧学篇から議兵篇まで15篇を収めている。勧学篇は荀子の基本的考えを学ぶことができる。不苟篇は君子の態度、非相篇では占いの否定や「後王」思想、がでてくる。非十二子篇では戦国諸子の批判、「水は則ち舟を載せ、水は則ち舟を覆す」(王制篇)、「乱君ありて乱国なく、治人ありて治法なし」(君道)などの名言がある。随所に「賢を尚び能を使う」や「幸に非ず、数なり」などの言葉がある。荀子の基本的立場なのだろう。人間は「群」(王制・富国など)するものであり、群れるには「分」が必要であり、これを「兼ねる」必要がある。混乱は聖人が憎むもので、混乱すれば貧しくなる。上巻は政治論が多い。

  • 儒教保守派の思想。

    性悪説で有名なので異端のイメージがあったが、
    孔子の思想を正しく継承することを目的とし、
    学問を奨励し、「必ずや名を正さんか」に基き、
    物事を礼に基いて秩序正しくすることを主張している。

    そして過激な主張を孔子の説としているという
    子思と孟子への批判も正しいかどうかは別として、
    孟子を読んだ後にこの本も読んで比較してみると、
    あながち的外れではないということが分かる。

    まさに勧学篇第一の如く読んでみないと分からない。

  • エッセー的な論語や孟子とちがって、章ごとに内容がまとめられているから読みやすい(一方、章ごとにまとまってるからこそ、くどく感じることもある)。
    論語や孟子など一連を読んだうえで読むと、儒学の考え方がどんどん体系づけられ、まとめあげられ、ここまで完成させられ、一方でそれぞれの儒学者のポジションや立場・解釈の仕方の違いが存在し、そして教えを政治を中心として具体的な指摘に落ちしこめているところが分かって、面白い。

    前半の勧学や修身は、読んでいてかなり刺激される。
    後半の、政治の在り方や君子の在り方については、現代にも通じるほどの考え方をこの当時にここまで確立させていたのには驚く。

    儒学の根幹は「礼」ですね。

    2012/1/8

  • 性善説の孟子、性悪説の荀子と中高生は習いますがそれだけで終わってはもったいないですね。論語に比べて孟子や荀子は話も具体的で面白いと思います。
    <br>
    特に荀子は日常生活で「あ〜こういうことあるなぁ・・・」って感じられます。思索のガイドラインとしてお薦めです。岩波文庫版は現在絶版のようです。他の中国古典名言集などで拾ってみてください。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アリストテレス
ウィトゲンシュタ...
マックス ヴェー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

荀子 上 (岩波文庫 青 208-1)はこんな本です

荀子 上 (岩波文庫 青 208-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする