荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)

制作 : 金谷 治 
  • 岩波書店 (1962年4月16日発売)
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003320822

荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。天論・礼論・正名・性悪などの篇は非常に迫力がある。「天行、常あり。堯のために存せず、桀のために亡びず」(天論)、「人は生まれながらにして欲あり。欲して得ざれば則ち求めなきこと能わず。求めて度量分界なければ争わざること能わず。争えば則ち乱れ、乱るれば則ち窮す。先王は其の乱を悪みしなり。故に礼義を制めて以てこれを分かち、以て人の欲を養い人の求めを給し、欲をして必ず物に窮せず物をして必ず欲に屈せず、両者相い持ちて長せしむ。是れ礼の起る所なり」(礼論)。「異なれば則ちこれを異にす。単にして喩るに足れば則ち単とし、単にして喩るに足らざれば則ち兼とし、単と兼と相い避くる所なれければ共とす。」(正名)などは、荀子の客観主義を示している。ほかには「墨子は用に弊われて文を知らず」、「荘子は天に弊われて人を知らず」(解弊)など諸子百家の思想を簡潔にまとめている所もある。大略篇はまとめであり、哀公や堯問などは孔子と弟子の逸話などが多い。やはり、荀子は経学の父であり、詩・書・礼・楽・易・春秋などの話も多い。

  • 有名な性悪説が出てくる下巻。

    上巻より短くて的を射た名言が多く、
    金谷先生の解説も筍子の思想をより理解出来て良い。

    理想を掲げつつも、現実に立脚した筍子の思想は、
    バランスが取れていて、現代でも通用しそう。

  • 読書離れに喝。 後半、特に大略編から先の言葉はどれも心に響く。
    おちついてから、本腰入れて再度読もう。

    2012年4月10日

  • 岩波文庫版の荀子に分冊です。詳細は上へ。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アリストテレス
マックス ヴェー...
ウィトゲンシュタ...
マルクスアウレー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)はこんな本です

荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする