韓非子 (第3冊) (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.85
  • (14)
  • (5)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003321034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古代の聖王の仁義の徳を語っても、それで国を正すことができないのは、これはやはりそれで遊ぶことはできても、実際には国を治めることのできないものだからである

    賢明な君主は、相手が自分に背かないことを頼みとはせず、相手がそむけないような自分であることを頼みとする。相手が自分を騙さないことを頼みとはせず、相手が騙せないような自分であることを頼みとする

    上君のともにおるは皆その師なり、中は皆その友なり、下はことごとくその使なり

    そもそも烏を馴らすには、その下羽を切り取ってしまう。下羽を切り取ると、必ず人に頼って餌を食べることになるから、どうしても人になれない訳にはいかない

    君主は外国を手本にしようとするものだが、外国の事情が正しく伝えられなければ事は成功しない。君主は古代を手本にしようとするものだが、学者の説明が適切でなければ名誉は上がらない

    お前の身に利益を得たいと思ったら、まずお前の主君が利益を得るようにすることだ

  • 引き続き、法による統治の大事さを説いている。特に後半部分は、賞と罰について説いている。

    但し、統治の方法、例えば賞と罰は臣下と役割分担せず君主自らが与えないといけない、とか、法に基づいて与えなければならない、とか。

    あと、孔子や管仲など、過去の偉人を批判しているのも面白い。荀子を尊んでいるのも面白い。

  • *オフィス樋口Booksの記事と重複しています。アドレス;http://books-officehiguchi.com/archives/3885141.html

    これらの本の構成は、漢文(原文)→書き下し文→口語訳の順で各段ごとにつけている。

    中国の法思想・政治思想の本であるが、読者自身が韓非子の思想を身近な具体例がないので、ピンとこないし、自ら考えなければならないので、初学者向けとは言えない。今後の研究方針として、政治思想の研究で、これらの本と私の専門分野との往復をしながら研究を進めたい。

  • 『BQ』(林野宏著)ビジネスパーソンに必須の23冊
    20思想とは何か

    出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介
    性悪説に基づく支配者の統治論。信用できない人々を効率的に動かすにはどうすればいいのだろうか。

  •  
    ── 韓非/金谷 治・訳《韓非子(第三冊)19940616-20060414 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003321030
     
    …… 争う者がいた(略)裁判に持ち出したが、決着がつかず、あとま
    でしゃべりつづけた方を勝ちとするだけであった(P007)。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060505
     孤憤の人々 ~ 韓非子の愛読者たち ~
     
    (20120202 20091122 20171210)
     

  • 外儲説と難の二部からなる第3冊。

    外儲説は内儲説と同じく構成上難解なところがあり、一回では飲み込めない部分が少なからずありました。

    難の方は常識とされる言説を「信賞必罰」を旨とする法術の視点から批判する、という構成なので、とっつきやすいと思います。元になった話を知っていればもっと理解が深まるのでしょうが。

  • 4003321030  372p 2007・4・5 12刷

全8件中 1 - 8件を表示

韓非の作品

韓非子 (第3冊) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする