春秋左氏伝〈下〉 (岩波文庫)

制作 : 小倉 芳彦 
  • 岩波書店 (1989年5月16日発売)
3.80
  • (5)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (538ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003321638

春秋左氏伝〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とりあえず中国文化の基礎テキスト。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003321634
    ── 小倉 芳彦・訳《春秋左氏伝(下)19890516 岩波文庫》
     
    <PRE>
     景 公        BC-05...... China 斉  -04900818 ? /?~哀公 5,0910 癸酉
     魯 迅(Lu Hsün)  作家 18810925 China 浙江省 19361019 55 /籍=周 樹人~《阿Q正伝》
     海江田 万里 経済産業相 19490226 東京           /衆議院議員(5期)/経済評論
    </PRE>
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20110729
     誤言絶句 ~ そして海江田、泣いてどーなるのか? ~
     

  • 左伝の最終巻、呉や越の台頭、鄭の子産、斉の晏嬰、呉の伍員など、興味深い人物の活躍が読める。定公・哀公のあたりは孔子とその弟子、子路や子貢、冉求の活動も興味深い。『論語』の理解も深まるだろう。政治的には下克上の様相が濃くなり、魯では陽虎という不思議な人物がでてくる。昭公と季氏の確執など、政治的にも興味ぶかい所である。それにしても、人間の感情生活はそれほど変わっていないものだなと『左伝』をよむといつも思う。

  • ついに、下巻にたどり着きました。呉越の戦いがメインらしい。
    挫折です。あまりにも知らない人が多すぎて。興味が薄れてしまいました。呉越の戦いまでたどりつけなかった。
    再読中ですが、王子朝のあたりでまたもや挫折しそう。

全4件中 1 - 4件を表示

春秋左氏伝〈下〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする