実利論 下―古代インドの帝王学 (岩波文庫 青 263-2)

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 上村 勝彦 
  • 岩波書店 (1984年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003326329

実利論 下―古代インドの帝王学 (岩波文庫 青 263-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魚の法則=弱肉強食の世界が、最も人民に不幸を招くという観点に立ち、どのように政治をおこなうべきかを説いた古典作品。

    最後の方は、魔術?、奇蹟の出現方法などが書かれており、若干中二病ぽい。

  • 古代インドすごいです。王国を如何に統治していくかについてここまで詳細に書かれた書物が存在するとは思っていませんでした。

全2件中 1 - 2件を表示

カウティリヤの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デュルケーム
ニッコロ マキア...
ウィトゲンシュタ...
アリストテレス
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

実利論 下―古代インドの帝王学 (岩波文庫 青 263-2)はこんな本です

ツイートする