法華経〈中〉 (岩波文庫)

制作 : 坂本 幸男  岩本 裕 
  • 岩波書店
3.69
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003330425

作品紹介・あらすじ

本書には漢訳の「化城喩品」から「従地涌出品」(サンスクリット原文の「前世の因縁」から「求法者たちの出現」)までが収められる。悪人デーヴァダッタやサーガラ竜王の娘の悟りを示して、有名な悪人成仏・女人成仏を述べる章もあり、一般の読者をも強くひきつける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 法華経巻3から巻5を収める。巻3「化城喩品」では、挫けやすい衆生は遠い道をいくことはできないから、道の途中に休む町が必要だとする。仏は神通力で道の途中にまちを見せ、道をいく衆生をはげます。巻4は「記」で、成仏する人々への預言だ。最後の「見宝塔品」でなぜか地中から大きな宝塔が生えてきて、中から声がして、釈迦と法華経をほめる。巻5の「提婆達多品」が、いちばん面白い。マンジュシュリー(文殊菩薩)が海中から無数の菩薩とともに出現する。文殊菩薩は、八歳の竜王の娘が即座に悟りを得たと報告する。仏弟子たちがこれを疑うが、竜女が出現(テレポート?)、竜女は釈尊に珠を渡す。そして、この動作より速く悟れると述べ、みなの前で男の姿に変化した。仏弟子らはその悟りは偽りでないことを知る。また、「従地湧出品」では、地面から無数の菩薩が出現する。塔の出現、海中からの菩薩の出現、そして、地湧の菩薩の出現ととにかく派手である。大乗仏教は基本的に理論はなく、プロパガンダである。小説だと思えば面白くなくもない。

  •  もう寿量品(じゅりょうぼん)の意味のところまで読めてうれしい。
     あげているお経の意味が分かっていいのだと知りましたのです。
     文学部の友達にお聞きしたら法華経は必須ということです。
     がんばってください!!!

  • 「初学者向け」という事で

  • 「嘘も方便」これがキーワード

全5件中 1 - 5件を表示

法華経〈中〉 (岩波文庫)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
マックス ウェー...
ドストエフスキー
ウィトゲンシュタ...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

法華経〈中〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする