浄土三部経〈下〉観無量寿経・阿弥陀経 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003330623

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 観無量寿経と阿弥陀経がはいっている。観無量寿経は仏の想像のしかたを教えており。「南無阿弥陀仏」はこの教典にある。18段階の観があるが、下下品の者は死に臨んで気持ちが顛倒して、仏を想うことなどできないので、アミターユス仏(無量寿仏)の名だけを唱えなさいというのが「南無阿弥陀仏」である。「阿弥陀経」は「無量寿経」を短くしたもののようである。

  •  浄土三部経と呼ばれる浄土教の三つの聖典のなかの二つ、観無量寿経と阿弥陀経の訳本です。観無量寿経は漢訳本からの翻訳(書き下し文と現代語訳)及び漢語の原文、阿弥陀経はサンスクリット原典からの現代語訳、漢訳本の書き下し文と原文が書かれています。上巻と同じくとても平明で読みやすいです。
     無量寿経が浄土や阿弥陀如来の因縁を説いた基礎知識編であったのに対して、観無量寿経は主に、浄土へ生まれ変わる方法を説いた実践編です。「観無量寿」というのは、無量寿を観想(瞑想し心で観る)するという意味です。観無量寿経も無量寿経と同じく、豪華な浄土を匂やかに描きながら、瞑想の方法を説いています。
     阿弥陀経は短い経典で、無量寿経の内容を短く簡潔に述べたものという印象です。
     浄土三部経全体に関して、戒律や規則といったものは少なく、やはり日本仏教との違いを感じました。これを基に、法然上人や親鸞聖人、一遍上人などの著書を比較してみれば、より日本仏教の独自性を理解できるのではないかと思います。

  • 王舎城の悲劇と呼ばれる観経と極楽の様相をといた阿弥陀経の二経典を収録した書。
    これらの経典は共に浄土について述べ、そこへの行き方が説かれる。

  • 「初学者向け」という事で

  • 法然上人以降の浄土教系の所依経典である「浄土三部経」と、梵文訳が載っていて、それだけを比較してみても面白いと思いますし、さらに異訳を読んでみても面白いと思います。

  • 普段よんでるお経の内容が判明する。めっちゃおもろい。

  • 一応うちは浄土真宗なので、法事の時にはお坊さんのあげるお経を聞くことになります。意味がわからないと眠くなるので、睡魔対策に購入したんだけど、「観無量寿経」のオープニングはなんと古代インドの「家庭内暴力ドラマ」でした。家庭内暴力、と言っても登場人物が王家の人達だからスケールが違う。まあそういう意味ではちょっと面白かったです。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1912年、島根県生まれ。東京帝国大学文学部印度哲学梵文学科卒業。東京大学名誉教授、東方学院学院長、比較思想学会名誉会長、学士院会員などを歴任。仏教思想・インド哲学の第一人者。紫綬褒章、文化勲章、勲一等瑞宝章受章。人間ブッダの姿を明らかにするとともに、人類共通の普遍思想を求めて、仏教と西洋思想の比較思想研究を推進。著書に『〔決定版〕中村元選集』全40巻(春秋社)、『広説佛教語大辞典』全4巻(東京書籍)、訳書に『ブッダのことば』『ブッダ 神々との対話』(ともに岩波文庫)などがある。99年逝去。

浄土三部経〈下〉観無量寿経・阿弥陀経 (岩波文庫)のその他の作品

中村元の作品

浄土三部経〈下〉観無量寿経・阿弥陀経 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする