大乗起信論 (岩波文庫)

制作 : 宇井 伯寿  高崎 直道 
  • 岩波書店
3.45
  • (3)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003330814

作品紹介・あらすじ

従来の仏教を、出家者中心、自利中心と批判、在家者を重視し、利他中心の立場をとろうとする、紀元前後のインドで起った仏教革新運動を大乗仏教という。この大乗仏教の根本教義を理論と実践の両面から手際よく要約した本書(5、6世紀頃成立)は、中国・日本の仏教者に愛読され、大きな影響を与えてきた。改版にあたり新たに現代語訳を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大乗ってなに?
    真如随縁はここから?

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印

大乗起信論 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする