往生要集〈下〉 (岩波文庫)

著者 : 源信
制作 : 石田 瑞麿 
  • 岩波書店 (2003年5月16日発売)
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 42人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003331620

往生要集〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生時代の私は『往生要集』に興味を持ち、他の出版社の本を購入しながら途中で投げ出してしまった記憶があります。そして、社会人になってから、リベンジをするつもりで手に取ったのが岩波文庫の本で、何とか読み終えることができました。とはいっても読んだだけであり、これからも手にしなければならない本の一つです。

    さて、源信が『往生要集』の構想を考えていた時期の身辺状況について、72歳にであった師の良源が病に臥していたと、巻末の解説に書かれています。構想から執筆に至る時期の源信の心境を推し量った文章は興味深い物でした。


    内容(「BOOK」データベースより)
    源信はあまたの仏典を引用しながら全体を十章に分け、本書を整然とした体系に作りあげた。執筆期間三か月余、源信の博識と思考の強靱さを窺わせる。がそれだけではない。第六章「別時念仏」臨終の人に念仏を勧める段は、仏典に拠ることなく、いままさに生命を終わろうとする人への源信の真情をせつせつと述べ、人の心を打たずにはおかない。

  • もちろん下も買いたい。

全3件中 1 - 3件を表示

往生要集〈下〉 (岩波文庫)のその他の作品

源信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

往生要集〈下〉 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする