歴史 上 (岩波文庫 青 405-1)

制作 : 松平千秋 
  • 岩波書店 (1971年12月16日発売)
3.65
  • (16)
  • (19)
  • (39)
  • (0)
  • (1)
  • 366人登録
  • 29レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003340516

歴史 上 (岩波文庫 青 405-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幸福かどうかはその人が生きている間はわからず、死んだときにはじめてわかる。

  • 「歴史の父ヘロドトス」。世界史でも学ぶのですが、実際に読んだことはありませんでした。でも、ギリシャ悲喜劇などの作品をながめていると、ペルシャ戦争やペロポネソス戦争を題材にしたものも多く登場しているため、がぜん興味が沸いてチャレンジしてみました。

    ヘロドトス(紀元前485年ころ~紀元前420年ころ)は古代ギリシャの歴史家。「歴史」は全9巻(本書の岩波文庫では1冊に3巻ずつ収められています)。紀元前499年~紀元前449年のペルシャ帝国のギリシャ侵攻(戦争)を中心にまとめたものですが、それにしてもよく無事に残り発見されたものだと嬉しくなります。遍歴を重ねたヘロドトスの叙述は、「純粋」な史実というよりギリシャ悲劇やホメロス作品のようであったり、ときには思想・哲学の書であったり、なんと彼の視野は広く豊かで瑞々しいのだろう。

    「平和より戦争を選ぶほど無分別な人間がどこにおりましょうや。平和の時には子が父の葬をする。しかし戦いとなれば、父が子を葬らねばならぬ」

    「柔らかい土地から柔らかい人間が出るのが通例で、見事な作物と、戦争に強い男子とは同じ土地から生ずるわけにはいかぬ」

    ヘロドトスの「歴史」は、主にペルシャ帝国側から見た史実で、決して母国ギリシャを贔屓にしたり中華思想に陥ることはありません。そのクールさには驚きました。帝国のさまざまな都市に生きる民族や文化を紹介していて、とにかく彼の人々に対する好奇心は尽きることがないよう……じつに個性的で面白い。古代世界を旅した彼をカメラアイにしながら広大な世界を巡り歩いているような気分になります♪
    また、ペルシャ帝国の栄枯盛衰、人の世の儚さ、無常観といったものが頻出します。東洋思想にも相通じるものがあって親しみやすい、と同時に不思議な気持ちにもなります。

    「人間の運命は車輪のようなもので、くるくると回りつつ、同じ者がいつまでも幸運であることを許さぬ」

    この本を読んでいると――柳田国男ではないのですが――まるで民俗史を学んでいるような雰囲気になってみたり、ときには史実を飛び越えて、イタロ・カルヴィーノの「見えない都市」(マルコ・ポーロがフビライ汗の臣下として奇妙奇天烈な都市を紹介していく物語)をふと思い浮かべて幻想的な余韻に浸ってみたり……。
    豪華な古代世界の旅行は有意義で楽しいものでした。

  • エピソート集なので、読み物として面白い。

    (当然西暦表記ではないので、歴史に疎い自分には何年ごろの事なのかなどは分かりませんでした)

  • 世界史に詳しくないので理解は遅いが、面白い本であることは間違いがない。エジプト、ギリシア、ペルシアの戦争や王の残酷な行い、女を女とも思わない、すぐに殺戮してしまうところは非人間的な感がする。これらがイスラム教徒のテロに繫がるのだろうか?しかし歴史が変わっても人間の考えることはあまり変わらないということが分かった。人の世の無常さ、歴史は繰り返される、永遠に栄える国はない、等は現代にも通じる。中巻が楽しみだ。

  • ペルシア王キュロス、カンビュセス、ダレイオスの時代を扱う。ヘロドトスは諸説を併存する立場で、歴史というより地誌の部分も多い。とくにエジプトの部分はこの傾向が多い。ソロンの「幸福な人間はいない。幸運な人間がいるだけだ」という言葉や、ダレイオスの独裁論など、なかなか切実な問題を扱っている部分もある。頻繁に入れ子構造でほかの話になるので、読むのは難しい。

  • 歴史の父、ヘロドトス(紀元前484〜430年以降)が書いた歴史書。古代エジプトのミイラについて書かれていると聞いて電子書籍で読んだ。
    古代エジプトに関するのは巻2(エウテルペの巻)。当時の風俗が事細かに書かれている。排尿の仕方から葬儀など、こういう書物がこんな時代にあったというのが感慨深い。
    ミイラの制作過程について記した本は、大抵このヘロドトスの記述について言及している。
    それだけ本家、最古の詳細な歴史書になるのかもしれない。
    エジプトはナイルの賜、という有名な言葉もここにある。

  • 30ページまで読んだ。今の自分には少し取っ付きにくい。
    一旦、離れることにする。

  • PDF

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)49
    基礎的古典
    歴史はここからはじまった。

  • トロイの発見が有名だ。アカイメネス朝ペルシャの話。キュロス、カンピュセス、ダレイオス、クセルクセスまでの話。ダレイオスはアカイメネス家じゃないらしいぞ。王といっても結構不幸のように思える。私と比べればうんと幸福なのだが。

全29件中 1 - 10件を表示

歴史 上 (岩波文庫 青 405-1)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
キェルケゴール
マックス ウェー...
マックス ヴェー...
ヴィクトール・E...
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

歴史 上 (岩波文庫 青 405-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする