歴史 下 (岩波文庫 青 405-3)

著者 :
制作 : 松平 千秋 
  • 岩波書店
3.85
  • (13)
  • (9)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 221
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (519ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003340530

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大スペクタクルロマン。ペルシアという国が興り周りの国々を併合し、ギリシアに侵入、アテネ、スパルタなどの連合軍に破れるまでの歴史。神意はあるが神々は出ず主役は人間たち。脱線も多いがそれが話に厚みを加えている。君主制と民主制の戦いで民主制が勝つストーリーの原型か。

  • PDF

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)49
    基礎的古典
    歴史はここからはじまった。

  • ペルシアの王がダレイオスからクセルクセスに代替わりするあたりから話が始まる。ヘロドトスが「アテナイ贔屓」と言われる所以がいくつかの箇所で窺い知れるのも興味深い。

  • 戦い本番

  • 岩波文庫版下巻。7~9巻を収録。

    この巻ではいよいよ新王クセルクセスのギリシア侵攻が描かれることになります。
    最近映画にもなったテルモピレーの戦い、サラミスの海戦、プラタイアの戦いといった有名な戦いのほとんどはこの期間に行われています。

    ペルシア軍は100万人単位、親征後でも30万人という記述があり、実際「(飲みつくされて)河の水が枯れた」という記述はあるのですが、それでも「本当に養えるのか?」という疑問はあります。これに限らず、ヘロドトスは数字に関しては結構誇張が多いようです。

    以上のような点はありますが、上巻、中巻に比べれば読みやすいです。

  • やっと来たぜテルモピュライ300。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003340531
    ── ヘロドトス/松平 千秋・訳《歴史(下)19720216 岩波文庫》197201‥-19950510
     

  • いよいよクライマックス、ペルシア戦争の叙述が始まる下巻。第7巻〜9巻収録。マラトンの敗報の知らせにダレイオスはギリシア遠征の準備にかかるが志半ばにして死去。ダレイオスの後を継いだクセルクセスは空前絶後の規模でギリシア親征を企てる。インド人、バクトリア人、エジプト人、トラキア人、メディア人,フェニキア人,アラビア人,リビア人,etc.etc.その親征軍の超多国籍ぶりを見るにつけ、アケメネス朝ペルシアが征服により急速に拡大し、広大なオリエント地域を支配する多民族国家、大帝国だったことが伺える。第7巻において前哨戦「テルモピュレーの戦い」が描かれそこでスパルタの王レオニダスは300名の戦士で大軍勢のペルシア軍に対し奮戦しながらも全滅。第8巻ではペルシア軍はアテナイを占領、内紛の絶えないギリシア連合もいよいよ背水の陣ということでようやく一致団結、ギリシア連合VSペルシア帝国軍の戦い「サラミスの海戦」へと舞台は移る。アテナイを中心とするギリシア軍はデルポイの神託「木の砦で戦え」に従い三段櫂船でペルシアの大軍に対峙、嵐にも助けられサラミスにおいてペルシア軍を撃破。この敗戦に落胆しクセルクセスは本国へと引き揚げる。ここで面白いのがアテナイの司令官にしてサラミスの海戦の立役者、テミストクレスについてヘロドトスが非常に冷淡な記述をしていることだ。個人的に嫌いだったのか??私腹を肥やすだのペルシア王にも恩を売る二枚舌外交だの救国の英雄の記述とは思えないほどの辛辣な描写が続いて読んでいて非常に興味深く、また面白い(笑)なるほど、後にアテナイから陶片追放されてしまったテミストクレスを同時代人はこのように冷ややかな眼で見ていたのか…と思うと楽しい(^^)帰国したクセルクセスからギリシア遠征を引き継いだのがギリシア遠征を提言した張本人、従弟マルドニオス。マルドニオス率いるペルシア軍とギリシア連合軍はプラタイアにおいて戦い、ここに雌雄を決することになる。マルドニオスは戦死、ペルシア戦争はギリシア連合の大勝利となるのだが…ここから今度はギリシア連合の内輪もめ、ペロポネソス戦争へとつながっていくのが「人間の歴史」というものだろうか。上中下巻に分けられた壮大な古代オリエント世界の歴史絵巻を堪能させてもらった。やはり歴史の父の名を冠するに相応しい大作である。

  • 岩明均先生の「ヒストリエ」と一緒に読むとたまらない。

全13件中 1 - 10件を表示

歴史 下 (岩波文庫 青 405-3)のその他の作品

ヘロドトスの作品

歴史 下 (岩波文庫 青 405-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする