ゲルマーニア (岩波文庫 青 408-1)

  • 125人登録
  • 3.24評価
    • (2)
    • (4)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 泉井 久之助 
  • 岩波書店 (1979年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003340813

ゲルマーニア (岩波文庫 青 408-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PDF
    コルネリウス・タキトゥス(Cornelius Tacitus, 55年頃 - 120年頃)は、帝政期ローマの政治家、歴史家。

  • 民族大移動以前の古代ゲルマン民族について誌された最古の記録。古代ローマの歴史家タキトゥス(55頃-120?)は、開化爛熟のはてに頽廃しつつある帝政ローマと対照させながら、いま勃興し、帝国の北辺をおびやかす若い民族の質朴勇健な姿を描き出す。簡潔な筆致のなかに警世の気概があふれる。積年の研究成果を盛った訳書。

  • 『ガリア戦記』ほど面白く読むことはできなかった.トゥキディデスが鋭い観察眼から,ゲルマン人の粗野ななかにも,逞しさと誇りの高さを見出し,ある種の尊敬をもって眺めていることは興味深い.

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003340817
    ── タキトウス/泉井 久之助・訳《ゲルマーニア 19790418-19950705 岩波文庫》
     

  • タキトゥスはけっこう文章上手。ゲルマン人は昼ではなく夜で日にちを数えるってあたりに親近感(?)がわいた

  • これは、まぁ、古代帝政ローマの史家の眼から見た蛮族(とは言い過ぎか)ゲルマーニアの諸民族についての、地誌的民俗学的見地も含めた史書、と言うべきでしょうか、「魏志倭人伝」に例える人もいます。
    古代ローマ史によほどの興味のある方でないと、途中で投げ出さざるを得ないような代物であることは確かです。(本文よりも註のほうが膨大だったりする)。
    ただ、いわゆる現在のEUを中心として「ヨーロッパ」と認識するとき、その成り立ちとしては地中海世界(北アフリカ含む)の文明国家の成立のほうが遥かに先だったのであり、ドイツもフランスもイギリスも、「蛮族」の住む未開の土地と看做されていたのだ、ということは肝に銘じておいたほうがいいと思う。
    タキトゥスの生年は紀元前55年前後、ユリウス・カエサルより半世紀ほど後の人、ということになります。カエサルの『ガリア戦記』よりも「公平」に書かれているか、という気はします。

    私の手許には、同じ岩波文庫で改訳前の昭和28年版(実物は昭和41年発行4刷)もあります。この頃の岩波文庫って栞紐が付いてたのね、新潮文庫みたい、と本筋とは関係ないことに感心したりしてます。
    読み物として通読するためというよりは、あのころ(って、もう二千年も前だけど)ローマを中心として現在「ヨーロッパ」と言われる地域に、どのような人々がどのように暮らしていたか、それを参照する手段として、やはり貴重な書。

  • 恥ずかしながら、いつも古代ヨーロッパについての記述を思い出そうとすると、それがこの『ゲルマーニア』だったか、カエサルの『ガリア戦記』の方だかわからなくなってしまう。というか、最近は、『ガリア戦記』とプルターク英雄伝の『アレキサンダー大王』も一緒になっちゃうんだよな、どういうわけだか。
    『ゲルマーニア』は、本文は簡潔で実際かなり短いのだが、注釈と訳注が物凄いボリュームなので、読んでいる途中で何度も何度も立ち止まらざるを得ないところが苦しいのだ。

  • ローマ人は琥珀を好んだんですね。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
アポロドーロス
J.L. ボルヘ...
三島 由紀夫
マルクスアウレー...
クラウゼヴィッツ
キェルケゴール
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲルマーニア (岩波文庫 青 408-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする