年代記〈下〉ティベリウス帝からネロ帝へ (岩波文庫)

著者 :
制作 : Cornelius Tacitus  国原 吉之助 
  • 岩波書店
3.82
  • (5)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003340837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PDF

  • クラウディウスの治世から始まりネロ帝の治世の最中で筆が止まる下巻。この巻において最も人の心を打つのは哲学者セネカの最後であろう。古来己の思想には似つかわしくない豪奢な生活を非難され続けているセネカであるが、その最期に見せた雄姿はストア派の面目を保って余りあるものである。

  • ネロって評判よりやる事はやっている感じがするのだけど・・・<br>
    趣味における公私混同が過ぎたというところでしょうか?<br>
    今風に言うとバンド活動に嵌って自分優勝確定のバンド大会開き捲くっている皇帝と言うところでしょうか(笑)<br>
    ネロが歌っている最中に居眠りこいているウェスパシアヌス(後の皇帝)が可愛いといえば可愛いです。

  •  1997年8月26日購入

     1997年9月11日初読

全4件中 1 - 4件を表示

タキトゥスの作品

ツイートする