ランケ自伝 (岩波文庫 青 412-2)

著者 : ランケ
制作 : 林 健太郎 
  • 岩波書店 (1966年10月16日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003341223

ランケ自伝 (岩波文庫 青 412-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 近代最高の歴史家の一人・レオポルト・フォン・ランケの口述筆記による自伝。もっとも、折にふれて口述させた4つの記録が合本されている以上、話が重複することも多い。とはいえ、その重複した話の内容が、ランケにとって同時代の事件として何が重要と思われたかを窺わせる。ランケが繰り返し述べるのは、まずナポレオン戦争であり、彼の出身地であるザクセン選帝侯国も少なからず関与しており、プロイセン軍やフランス軍が通過した際の記憶が晩年になっても鮮明に残っていたことが分かる。それから、1830年の七月革命、1848年の二月(三月)革命である。ランケが述べるところを見ると、フリードリヒ・ゲンツやサヴィニーといった保守派と見なされる人々と親しく交際していたようだが、体操運動で一世を風靡したヤーンに関しても触れるところは多く、いわゆる王政復古時代の精神的雰囲気が伝わってくる。

  • どんな本だったか皆目思い出せません。

全2件中 1 - 2件を表示

ランケの作品

ランケ自伝 (岩波文庫 青 412-2)はこんな本です

ツイートする