日本幽囚記 下 (岩波文庫 青 421-3)

著者 : ゴロヴニン
制作 : 井上 満 
  • 岩波書店 (1946年6月10日発売)
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003342138

日本幽囚記 下 (岩波文庫 青 421-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 艦長の手記の日本人論を読むのに時間がかかってしまった。リコルドの手記は一気に読んだ。高田屋嘉兵衛があそこに現れてよかった。菜の花の沖がまた読みたくなった。

  • 前半は19世紀初めに2年に渡り日本で暮らしたグロブニンによる日本人論。習慣、風俗、服装、人間関係、食物、喫煙・飲酒などの嗜好品の状況、各地の産業、祭礼などに至るまで、当時の日本人の事を細かく描写。当時の日本語の言葉づかいもビビッドにわかる。時代劇を見ているかのような臨場感。
    後半は、グロブニンの救出に尽力したリコルドの手記。高田屋嘉平衛との友情関係に関する記述が泣かせる。司馬遼太郎の「菜の花の沖」のネタ本。

全2件中 1 - 2件を表示

ゴロヴニンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本幽囚記 下 (岩波文庫 青 421-3)に関連するまとめ

日本幽囚記 下 (岩波文庫 青 421-3)はこんな本です

ツイートする