洞窟絵画から連載漫画へ―人間コミュニケーションの万華鏡 (岩波文庫 青 430-1)

著者 :
制作 : 壽岳 文章 
  • 岩波書店
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003343012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人類のコミュニケーション技術の発展を、イメージやイデオロギーの歴史としてではなく唯物論的な歴史として記述しようとする著作。
    その歴史は、タイトルにもある通り、言語が発達する以前の洞窟絵画から始まり、印刷物に描かれた挿絵などを経由し、現代における連載漫画やテレビといった伝達技術へと至る。それを記述していく際に、その発展の継起となった理由を、当時の人々の現実的な要請の中に求めている点が本書の特徴と言えるだろう。そういった態度の下での着眼点には興味深いものがある。暦の発展や印刷技術の発展、写真・映像技術の発展の物質的な発展など、要所には惹かれる記述があった。
    ただ本文のせいか訳のせいかはわからないが、いささか話が緩慢で、全体としての説得力はあまり感じられない印象。

全1件中 1 - 1件を表示

ホグベンの作品

ツイートする