中世的世界の形成 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.95
  • (6)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (481ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003343616

作品紹介・あらすじ

東大寺庄園の、十‐十六世紀の歴史を綿密に分析した著者(1912‐86)は、「人間が生き、闘い、かくして歴史を形成してきた一箇の世界」を見事に再構成した。古代的支配者=東大寺、それに抗争しては蹉趺・敗北をくりかえす人々。これらはまた著者が直面した暗い谷間の日本社会そのものにほかならぬ。中世史学の最高傑作の一つ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中世の歴史を研究した、戦後の新しい幕開けを告げる書。勃興する武士を西欧の中世の領主階級になぞらえて、日本もマルクスの『ドイツイデオロギー』に表現された、世界史過程にあることを、「黒田荘」の資料に読み込んだ。極めて実証主義に徹している。中世の後期の「悪党」は、堕落ととらえたが、後に網野善彦たちに批判されることになる。

  • 「人間が生き、闘い、かくして歴史を形成してきた一箇の世界」を描いた中世史研究叙述の傑作。
    舞台は、伊賀国名張郡東大寺領黒田庄。古代的権力である領主東大寺とそれを克服しようとする在地領主の蹉跌と桎梏。
    学生時代に読んだが、その面白さに読むのが止まらなくなった。これほど情熱的に記述された歴史書をほかに知らない。
    氏の領主制論は今日では止揚されているが、その記述の輝きは現在も失われていない。歴史学記述の金字塔。
    また、戦中に書かれたというその思想の迫力は、戦後歴史学のさきがけとなり、一大潮流となった歴史的作品でもある。

  • 古典的名作と呼ばれる作品なのでずっと読んでみたいと思っていたが、この連休を使ってやっと読むことが出来た。
    名作と呼ばれるだけあって、これだけの分量で専門書ながら、スイスイと読むことが出来た。自分もこのような、力を持って、人に「読ませる」ような研究をしたいと強く思えた一冊。

  • 2017.5.2 読了

  • [ 内容 ]
    東大寺庄園の、十‐十六世紀の歴史を綿密に分析した著者(1912‐86)は、「人間が生き、闘い、かくして歴史を形成してきた一箇の世界」を見事に再構成した。
    古代的支配者=東大寺、それに抗争しては蹉趺・敗北をくりかえす人々。
    これらはまた著者が直面した暗い谷間の日本社会そのものにほかならぬ。
    中世史学の最高傑作の一つ。

    [ 目次 ]
    第1章 藤原実遠(所領の成立;経営と没落;領主と東大寺)
    第2章 東大寺(黒田庄の成立;古代的論理;二つの法)
    第3章 源俊方(家系;武士団の成立;中世の敗北)
    第4章 黒田悪党(古代の再建;中世的世界;終末)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB20088876&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  •  所領の成立。伊賀国名張郡の原野を汗を流して開墾する。開墾も独力では困難である。頼れる人を見つけて関係を結ぶことにした。藤原実遠は頼られた。実遠は、律令体制を根拠に国衙の承認を得て原野の四至を占定した。公有地が占定されることは律令体制の解体であるが、体制の否定というよりむしろ体制自体の自己運動といえる。実遠の所領は二十八箇所に及んだ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1912年札幌に生まれる。37年東京大学文学部国史学科卒業。冨山房・朝日新聞社を経て、戦後法政大学で教鞭をとる。民主主義科学者協会、日本文化人会議、歴史学研究会で活躍。法政大学名誉教授。1986年死去。著書:『中世的世界の形成』、『古代末期政治史序説』、『歴史と民族の発見』(正続)、『歴史の遺産』、『平家物語』、『日本の古代国家』、『日本古代国家論』(全2冊)、『日本史概説』Ⅰ(共著)など。

「1977年 『戦後歴史学の思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中世的世界の形成 (岩波文庫)のその他の作品

中世的世界の形成 単行本 中世的世界の形成 石母田正

石母田正の作品

中世的世界の形成 (岩波文庫)に関連するまとめ

中世的世界の形成 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする