ローマ皇帝伝 上 (岩波文庫 青 440-1)

制作 : 國原 吉之助 
  • 岩波書店
3.52
  • (5)
  • (6)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003344019

作品紹介・あらすじ

カエサル(シーザー)からドミティアヌス帝まで、帝政ローマに君臨した元首12人の生涯・人となりを克明に語る伝記集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018.1.25 読了

  • PDF

  • 赤裸々に書いてあって楽しい。

  • カエサルからドミティアヌスまでの歴代皇帝の人物評ですが、全編逸話とゴシップ満載です。当時の人たちは皇帝をこんな風に見ていたのかと感心するやら笑ってしまうやら。皆実に人間臭いです。



    個人的にはウェスパシアヌスの頁が面白かったです。

  • 目次
    第一巻 カエサル
    第二巻 アウグストゥス
    付録 神君アウグストゥスの業績録
    第三巻 ティベリウス

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003344014
    ── スエトニウス/国原 吉之助・訳《ローマ皇帝伝(上)19860818-0905 岩波文庫》

    (20091208)

  • これはイエローペーパーとして読むに限る。

  • ティベリウス帝の児童性愛ぶりは異常ですね・・・
    貴族の子女は皆犯し、どうしても言うことを聞かない少女は処刑される。
    処女は処刑できないというローマの法律があるので、兵士に犯させてから処刑します。
    人間じゃないね。

  •  1997年8月27日購入

     年月日初読

  • 堅いイメージがあったけど読んでみると結構面白いですね。<br>
    酷い書かれようだったけど、やっぱり私はティベリウス帝が好きみたいです。<br>

全11件中 1 - 10件を表示

スエトニウスの作品

ローマ皇帝伝 上 (岩波文庫 青 440-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする