アレクサンドロス大王東征記〈下〉―付・インド誌 (岩波文庫)

制作 : 大牟田 章 
  • 岩波書店 (2001年6月15日発売)
3.65
  • (5)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 76人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (508ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003348321

作品紹介

小アジアからエジプト、ペルシア中央部・東部と制圧してきたアレクサンドロスは、さらに東へ、「地の果て」インドに進撃する。世界を目指し、流星のようにまばゆく輝き、消えた若き帝王の戦記。巻末に『インド誌』を併収。

アレクサンドロス大王東征記〈下〉―付・インド誌 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • インド遠征。ヒュダスペス河畔の合戦。ポロスと戦い。サンガラ攻囲戦。アレクサンドロス戦死の噂。兵士たちの懇願でインドからの撤退。ペルシャ地方の総督解任。統治の再建。オピスの騒乱事件。ダレイオスの娘2人との結婚。親友ヘパイスティオンの死。アラビア半島制圧のために入城したバビロニアでの死。

    『インド誌』
    インドの自然と社会。

  • 下巻だけ長い間入手できず、やっとのことで入手して読んだ本書だが、内容は面白いの一言。行軍に同道しているかのような文章は、読んでいて飽きる事がない。

    唐突に出て来るヘファイスティオンの存在が謎。何者なんだろうか。

    付録として収録される「インド誌」の内容も興味深い。

全4件中 1 - 4件を表示

アレクサンドロス大王東征記〈下〉―付・インド誌 (岩波文庫)はこんな本です

アレクサンドロス大王東征記〈下〉―付・インド誌 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする