ニコライの日記(下)――ロシア人宣教師が生きた明治日本 (岩波文庫)

制作 : 中村 健之介  中村 健之介 
  • 岩波書店 (2011年12月17日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003349335

作品紹介

「わたしはロシアに仕える者ではない。キリストに仕える者だ。」ついに日露開戦、ニコライは周囲の反対をおして日本に残ると決意する-全国の信徒たち、ロシア人捕虜たちのために。愛情と理想をもって激動の明治を日本人とともに生きた魂の記録。

ニコライの日記(下)――ロシア人宣教師が生きた明治日本 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東方教会の大主教ニコライの日本での宣教活動をめぐっての日記です。明治の日本の様子が、ロシアの目で語られます。三陸地震の悲惨も震災を思い出しました。圧巻は下巻にある日露戦争についてです。戦争になっても日本にとどまる決意も信仰の強さを感じました。また、トルストイなどと同時代で、時々批評も出てきておもしろいです。

  • 岩波文庫:青 080/I
    資料ID 2011200514

全2件中 1 - 2件を表示

ニコライ・カサートキンの作品

ニコライの日記(下)――ロシア人宣教師が生きた明治日本 (岩波文庫)はこんな本です

ニコライの日記(下)――ロシア人宣教師が生きた明治日本 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする