モーツアルトの手紙 下―その生涯のロマン (岩波文庫 青 504-2)

制作 : 柴田 治三郎 
  • 岩波書店
3.93
  • (5)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003350423

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小林秀雄から。
    なんとも不思議な星のめぐり合はせの下に生きてきたひとだと感じた。音楽家の親の元に生れ、思ひ掛けず音楽の力に目覚め、彼にはもうそれしかできないといふのに、そのためだけに生きることは叶はず、たくさんの生活的なことで煩はせられる。
    それでも彼は書くこと、音楽をすることをやめなかつた。彼は自分に与へられた力を疑はず、遺憾なくその力を発揮した。どんな生活の荒事も、彼の音楽をかき消すことはできなかつた。彼の音楽を止めることができたのは、病とそれによる死だけだつた。彼の抱いた自身の力に対する自覚は本当にさう感じられことなのだ。彼は自身の音楽にうそをつくことができない。
    手紙の中でみせる轉げ廻つて流れていく様なことば。それ自体がまるで音楽のやうだ。きつと彼の肉声もさういふ音楽をもつたものだつたに違ひない。とても心地よく、それでいて、決して軽佻浮薄だといふことはない。確かにひとつのハーモニーをもつて届く声。友に哀願する時も、きつと音楽だつたやうな気がする。どこか斷りきれない、哀愁漂ふ歌唱。
    何をどうしやうとも、彼のなすことはすべて音楽になつてしまふのだ。そして、ひとつの音楽が流れていくかと思へば、次の音楽がやつてきてしまふ。この流れてゆくものを書きとめることができるなら。それがはかなくも彼が書き続けることを望んだことなのかもしれない。
    彼が時にみせるあの表情は、ここではない、音楽の世界への途方もない憧れと、その世界を知つてしまつたただひとりの人間のもつ渇き。
    歴史にもしもなどといふことはあり得ないから、彼がもし生活に不自由なければ…といふ空想は不毛だ。彼はかういふ星のもとに生れ、そして、奏で続け、去つていつたのだ。それ以上のものもそれ以下のものもない。けれど、さういふ人間だからこそ、様々な尾ひれの伴ふドラマが絶えない。失つてはじめて、彼の声が届くとは誰が考へられただらう。
    改めて彼の作品を聞くと、喜びも哀しみも流れてゆく、どうにもならない彼のイメージが立ち上る。

  • 演奏旅行先での出来事を家族に報告する手紙、
    自分の実力を認めてくれない権力者を非難する手紙などで
    占められていた前巻に対し、
    後巻は、知り合いに借金を申し込む手紙、
    療養先にいる最愛の妻に送るラブレターなどがメインとなっていて、
    手紙の端々に書き込まれている冗談やおふざけは相変わらずだが、
    書かれている内容は暗いものも含まれるようになる。

    実力がありながらも、自信過剰で、謙虚さがなく、
    力ある者に取り入る事の出来ない世渡り下手、
    そして夫婦揃っての経済観念の欠如故に
    困窮した生活を送らざるおえなくなった若き音楽家の人生が
    その手紙より浮き彫りになっている。

    本作を読むだけでなく、映画「アマデウス」も併せて観ると、
    映像のモーツアルトが彼の書いた手紙より偲ばれる
    モーツアルトのイメージに近く、より一層楽しめるかも。

  • モーツァルトの真実の顔がわかる

  • 3

全4件中 1 - 4件を表示

ウォルフガング・モーツァルトの作品

モーツアルトの手紙 下―その生涯のロマン (岩波文庫 青 504-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする