ドーミエ諷刺画の世界 (岩波文庫)

制作 : 喜安 朗 
  • 岩波書店 (2002年2月15日発売)
3.42
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003356814

ドーミエ諷刺画の世界 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドーミエの絵を改めてみたらすごい考えてられて描いてる。諷刺画って下手くそだと落書きで稚拙で訴える力が無くなっちゃうんだな。ドーミエみたいに描かないとな。

  • フランス19世紀の風刺画家ドーミエ。演技がつまらなかったイモを投げるけるぞと観客が舞台を見てる絵があり、この頃から気軽に食べられるスナックとしてフリットを食べるという習慣が見られる。
    ジャガイモのことをまた調べたい。

  • 19世紀のフランスの一般市民たちの生活、考えがわかって面白い。
    カリカチュアーも楽しい。

全4件中 1 - 4件を表示

ドーミエ諷刺画の世界 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする