漫画 吾輩は猫である (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003357927

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リリース:茂樹さん

  • 1コマ漫画と数行の文章で再現。テンポがいい。原作をだいぶデフォルメしているとは思う。来客の多い先生だ。漱石も楽しみながら書いていたのかな。最後に猫は溺れて死ぬんだったっけ。

  • 「漫画」とタイトルにありますが、いわゆるコマ割りされたコミックではなく、挿絵がはいっているものになります。
    見開きで1章(節)が収められており、左側に場面を描いた風刺画、右側にその節の要約が掲載されています。
    きわめてコンパクトにまとめられているので、小説をそのまま読んでいるような印象はなく、むしろ「本当にこれで内容はあっているの?」と疑問も抱きました。
    ……といっても、原典で読んでいない私が悪うございます、ということでもありますし、原典に当たりたい、と思わせてくれ田という面では、いい作品かもしれません、

    ただ、風刺画も大変”古典的”なタッチとなっていますので、現代的なコミックの絵の挿絵を想像しているとだいぶ裏切られるかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

近藤浩一路の作品

ツイートする