ゴヤの手紙(下) (岩波文庫 青 584-2)

制作 : 大髙 保二郎  松原 典子 
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003358429

作品紹介・あらすじ

「絵画には規範は存在しない」——国王寵愛の画家として頂点を極めたゴヤ。だが病に聴力を失い、革命と戦争に亡命を余儀なくされる。《裸のマハ》他の衝撃的な作品を次々に描いた画家は、近代へと向かう激流のなかで、何を求めたのか。ゴヤ全生涯の手紙は、無類の肖像画家が遺した、文章による優れた自画像である。(全二冊)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スペインの近世から近代を代表する画家ゴヤの現存するほぼすべての書簡を網羅したもの。
    底本は2014年に刊行されたが、箱入り600頁のハードカバーで定価1万円と敷居の高いものだった。まさに待望の文庫化。

    本書を通じて遅咲きの宮廷画家として栄達を極め、ナポレオン戦争の混乱を生き延び、原因不明の病気で聴力を失い、最後にはフランスへ亡命して彼の地で没した画家の波乱の生涯を追うことができる。

    なによりも書簡を通じて明らかになるゴヤの愛すべきキャラクターがすばらしい。宮廷画家として成功したいという野心、出世の階段を上り始めるや羽振りの良さをひけらかし、親友と猥談に花を咲かせるかと思えば家族の病気にうろたえる。 純朴で無邪気でしたたかさと弱さが同居する、俗っぽく人間臭いゴヤの魅力を堪能できる。

    これを読んでからマドリードのゴヤのパンテオンを訪れると感慨もひとしお。

全2件中 1 - 2件を表示

ゴヤの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×