アリストテレース詩学/ホラーティウス詩論 (岩波文庫)

制作 : 松本 仁助  岡 道男 
  • 岩波書店
3.47
  • (15)
  • (30)
  • (67)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 579
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003360491

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「詩」とあるが、叙事詩から悲劇への発展にみられるように、演劇についてのあるべき姿までを射程に入れた文芸論である。
    アリストテレスの『詩学』は主に悲劇のあり方や特性について述べた演劇論で、現代の舞台やドラマ作りに携わる人々にも参考になると思われる理論を展開している。
    まず、詩や演劇は、行為する人間を再現したものであるとし、行為する人間がすぐれた者であった場合は悲劇、劣った人間であった場合は喜劇とした上で、再現(模倣)は学ぶために子どもの頃から人間に自然にそなわっているものであり、人間には再現されたものを喜ぶという傾向があるために生まれたのだとする。そして、主に悲劇を取り上げ、悲劇とは一定の大きさをそなえ完結した高貴な行為の再現であり、快い効果を与える言葉を使用し、行為する人物たちによっておこなわれ、あわれみとおそれを通じて、そのような感情のカタルシスを達成するものと定義する。その行為の再現である悲劇には、筋、性格、語法、思想、視覚的装飾、歌曲の6つの構成要素があるとし、最も重要なものは筋(出来事の組み立て)であり、筋は出来事がありそうな仕方で、あるいは必然的な仕方でつぎつぎと起こり、不幸から幸福へ、あるいは幸福から不幸へ移り変わることができるほどの長さがふさわしく、筋は統一されていなければならないとする。そのようなものであるから、詩人や劇作家の仕事は、すでに起こったことを語ることではなく、起こりうることを、ありそうな仕方で、あるいは必然的な仕方で起こる可能性のあることを語ることであり、歴史家はすでに起こったことを個別的に語るだけであり、題材を歴史に求めてもよいが、普遍的なことを語る詩作の方が、より哲学的であり、より深い意義をもつとしている。筋には3つの要素として逆転、認知、苦難があり、筋の組み立てそのものから生じるものでなければならないが、筋の組み立ての目標としては、あわれみは不幸に値しない人が不幸におちいるときに生じ、おそれは私たちに似た人が不幸になるときに生じるものだから、それを踏まえた上で、邪悪さなどではなく、あやまちのゆえに不幸になる人を取り上げるよう提言する。そうした人物の性格は、やはり必然的なこと、ありそうなことにせねばならず、同時に筋の解決もやはり筋から生じるべきで、「機械仕掛け」のようなものに求めるのではなく、不合理な要素があるとすれば悲劇の外におくべきとする。
    このようにアリストテレスの演劇論は、現代にも立派に通じるほどに普遍的な思考により理論化されており、テレビドラマ(特に自分も観ることが多いミステリードラマなど)でも、不合理な成り行きや、安易な人物設定、カタルシスの無いオチを見るにつけ、あまねくこの二千数百年前の著作を勉強し直してほしいとさせ思える。
    クィントゥス・ホラティウス・フラックスは紀元前1世紀、古代ローマの人。
    『詩論』は、ピーソー家の人々への手紙という形式にて、詩的な調べにのりながら、時にはユーモアを交え、様々な事例を例に引きながら、その文芸論を展開する。詩的な比喩表現が多く、当時の背景を知らない自分にはその意を理解するのは少し難しかった。解説によると中世ヨーロッパ以降、その理論は文学や演劇に大きな影響を与えたという。
    まず、詩(劇)の構成については全体の釣り合いを主張し、詩人(作家)は自分の力に合った題材を選ぶべきという。そして、詩は美しいだけではなく、快いものでなければならないといい、解説では、有用性とよろこびを同時に追求する姿勢をアリストテレスと対比させている。演劇を実施する上での俳優や舞台装置、演出についての「ふさわしさ」の指摘は、今となっては当たり前のことのように思えるが、率直な批評を必要とし追従者には気をつけるべきという指摘については、作家にとって現代でも常に戒めとせねばならない点であるだろう。
    ホラティウスの文芸論は、いかにすると観客(読者)に受け入れられるかという点が重視されているといい、訴求の技術である弁論術を重視するヨーロッパで広く受け入れられたというが、それが逆にアリストテレスの『詩学』の理解を誤ったものにしてきたとのことである。
    両編とも、当時の演劇スタイルや小道具、作品がこれでもかというほど引用されており、演劇論のみならず批評の書でもあったと思われるが、自分には未読の作品が多いのとそうした観劇の機会もほぼ無いため、感想や批評の言葉も無いのであるが、はるか昔の演劇理論に触れているだけでも意外と楽しいものであった。

  • 現代の物語を考察する上でも当てはまることが多い。カタルシスを生み出す構造、の話にはなるほどと思わされた。

    また読み返したい。

  • 詩学がアリストテレスで3/5、詩論がホラーティウスで1/5、両方の解説を1/5の配分。と言った感じ。言い回しがクドくて同じことを繰り返されるうちによく解らなくなり、解説を先に読んでから読んだらスルッと読めた。驚きはとくになかったのが、残念だった。

  • あまりに有名な古典なので、
    読まなきゃ感に背中を押されて読みました。

    意外だったのはホラーティウスの『詩論』が
    『詩学』に負けず劣らず良い内容だったこと。

    『詩学』に
    「出来事、すなわち筋は悲劇の目的であり、
    目的は何物にも増して重要である。」
    とあって、
    なんかすごい大事なことなんだろうけど、
    それはわかるんだけど、
    イマイチ意味がきちんと読み取れないもどかしさ。
    うーん勉強不足か。

  • 新書文庫

  • 必読書150ノック

  • ホラーティウスさんごめんなさい、アリストテレースの『詩学』しか読みませんでした。
    ある種の分野のバイブル的存在の様なので、完全な門外漢だが興味あって手に取ってみた。

    本文より訳注の方が多く、そしてこの訳注をある程度読まないと理解できない。
    本文を少し読んで注を多く読んでいたら当然本文の筋なぞ頭から抜けていくので、結局訳注と行ったり来たりの1周目+本文だけで2周目+解説と目を通す羽目になってしまった。

    元はもっと多かった様なことも書いてあるが、残存しているのは「悲劇」についての話題。
    悲劇とはかくあるべし、というのが主な内容と言えるのだろうか。
    一番特徴的だと感じたのは、「筋の中に神を出すな」。つまり予想外の偶然を起こすようなものを盛り込むなという主張。何か事象があるなら、それの原因は妥当な論理で存在しなければならぬ。
    これは夢オチが禁じ手になっている様なものという理解で良いのだろうか。

    「こういう作りじゃ面白くない、でもああいう作りは許せんぞ」みたいな論理展開で、結局「それなりにいい人がちょっと間違ったことをしちゃって思ったより酷いことになる」様なストーリーしか認めない(意訳)、みたいなガチガチっぷりは結構面白かった。
    もうちょっと気楽にやろうぜと。

  • オフィス樋口Booksの記事と重複しています。記事のアドレスは次の通りです。
    http://books-officehiguchi.com/archives/4091921.html

    これまで読んできたアリストテレスの本の中で文学理論の本を読んだのは、今回初めてである。私自身、文学について知見がないため、感想を書くことはできないが、この本を契機に文学理論へと幅を広げたいと思う。

  • アリストテレースの理論もいいが、それを乗り越えたい。

  • 悲劇に限らずあらゆるものは歴史的であるということを心得なければならない

全34件中 1 - 10件を表示

アリストテレース詩学/ホラーティウス詩論 (岩波文庫)のその他の作品

アリストテレースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
J・モーティマー...
ジェームス W....
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

アリストテレース詩学/ホラーティウス詩論 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする