人さまざま (岩波文庫 青 609-1)

制作 : 森 進一 
  • 岩波書店
3.40
  • (4)
  • (6)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003360910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旧版か、1989年の11刷。

  • こういう人いるよね悪口大会みたいなテンション。でも、こんな昔から「同じ人間なのになんでこうも違うんだ」と考えていたのは興味深い。

  • 再読。人の性格を示す語とその定義に続く「それってこんなやつ」とでも言うように展開される具体的な説明がまったく可笑しい。古代ギリシア人の生活風習や会話のにおいを感じるような気分にさせられてまた面白い。
    テオプラストスの著作はこれしか読んだことがないが、邦訳が手に入ること叶うのなら、〈神の如き語り〉にもっと触れてみたいものである。外語で読むのは面倒だ。

  •  ギリシアの人がいろいろな人の性格を分析した、とっても薄い本。

     自分は、13番目の「お節介」に近い。

     「もとよりお節介とは、言葉と行いとを問わず、気がよすぎて引き受けすぎることであると思われる。そこでお節介な人とは、およそつぎのようなものであると思われる。すなわち、自分の手にあまる事柄を、求められても以内のに、立ち上がって、かってでる。(中略)また、言い争っている人たちがあると、たとい自分の知らぬ人たちであれ、引き分けてやる。」(p57)

     復興のための専門家のネットワークづくりもお節介な性格からでているが、まあ、税金でいままで食べさせてもらったので、こういうときぐらい、動いてもいいと思うんだけどね。

     みんな被災地をわすれちゃだめだよ。

  • 紀元前のギリシャ時代も現代もほとんど人間の性質なんて変わらないんだな、ってのがわかる。
    本当に人間は進化したのだろうか。と思えるくらいに現代人と共通している。
    恥知らずとは何か?それはいやしい利得のためにひとの思惑をものともせぬこと。
    不作法とは定義してみると、実がいを及ぼすわけではないが、いやな思いを人に与える態度。
    などと、現代人のわれわれも反省しなくちゃと考える点が多い。

  • \105

  • 人は様々だっていうことを言わんとしている本。言葉の定義書(辞書)みたいで面白いかなと思って買った。古代ギリシアの文化を背景に解説されてるけど私にはあまり明瞭ではなかった。

  • やべえバカ面白い。哲学書というよりは、2-3ページのエッセイで、定義集に近いかも。
    ムチャクチャ薄いので、誰でも読める。さあ笑え。

全9件中 1 - 9件を表示

テオプラストスの作品

人さまざま (岩波文庫 青 609-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする