キケロー弁論集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 小川 正広  谷 栄一郎  山沢 孝至 
  • 岩波書店
3.47
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003361160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「私は君に敵対的なのではなく敵なのであり、君の言う人に対しては立腹していないどころか、友好的でさえあって然るべきなのだ。」

    カティリーナ弾劾では、キケロ自身がいかに優れた人物であるかについて話されており、ピーソー弾劾では、相手に対する激しい罵倒で話が進んでいきます。

    私はこの弁論集の中では、アルキアース弁護を一番面白く読みました。
    執政官であるにもかかわらず、法律ではなく言葉でアルキアースの味方をするキケロは、まさに弁論家というのにふさわしいと感じたからです。
    法を重んじるはずのものが法を乗り越える手法は、詭弁といっても過言ではないと思われますが、それでもキケロの言い分が正しく聞こえるところに、彼のすごさがあるのだと分かりました。

  • 時代背景がもっと理解できるとよりおもしろかったと思う。
    弁論が読物として成立していることを始めて知った。

  • ついに「カティリーナ弾劾」が文庫に。「カティリーナ弾劾」で見られるキケローの巧みな弁論術、「ピーソー弾劾」で見られる罵倒の演説に驚け。

全3件中 1 - 3件を表示

キケローの作品

キケロー弁論集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする