省察 (岩波文庫 青 613-2)

  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003361320

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原書名:Meditationes de prima philosophia

    著者:ルネ・デカルト(Descartes, René, 1596-1650、フランス、哲学)
    訳者:三木清(1897-1945、たつの市、哲学)

  • 終戦後間もなく非業の死を遂げた哲学者・三木清が残したデカルトの省察の翻訳です。
    うーん、注釈がないことも相まって、すごく難しい。理解したとは言えないですね。もっと研究が必要だ。

  • 三木清遺稿訳本。

    デカルトのオリジナリティは、命題の帰結よりもむしろ思考のプロセス、その強靭さ、執着心である。従ってこれが哲学である。現象学も実存主義もここから予見できる。それほど深い思考だ。

    心身二元のわかりやすい説明は、感覚の誤謬と精神の不可分性であるが、本書とは関係ないけれど最近改めて感じるのは、セックスと暴力の心身合一で、フロイトのエロスとタナトスだ。

    ポストモダンの超克への一歩。

  • 2008/2/27購入

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

デカルト

Rene Descartes 一五九六―一六五〇年。フランスの哲学者、数学者。数学的明証性を学問的認識の模範と考え、あらゆる不合理を批判検討する立場を確立した。そのことによってしばしば近代哲学の父といわれる。一六三七年公刊の『方法序説』は思想の領域における「人権宣言」とも称される。長くオランダに隠れ住んだが、終焉の地はスウェーデンであった。

「2019年 『方法序説・情念論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デカルトの作品

ツイートする